天然素材を使ったボディを持つ、ポルシェの新しいGT4レーシングカー

■6気筒エンジンを搭載したレーシング「ケイマン」の外装に天然繊維パーツを使用

ミッドシップ・レイアウトの2シータースポーツカー、ポルシェ・ケイマンに純レーシングカーのGT4クラブスポーツが追加されます。

市販車のケイマンは水平対向4気筒ターボを積んでいますが、GT4仕様は3.8L水平対向6気筒エンジンを搭載します。その最高出力は313kW(425PS)、トランスミッションは6速DCTとなっています。

GT4カテゴリーということは、ハイアマチュアのジェントルマンレーサーをメインターゲットとしたレーシングカーです。「718ケイマンGT4クラブスポーツ」には、ポルシェジャパンが主催する新シリーズ、ポルシェスプリントチャレンジジャパン(PSCJ)への参戦を前提とした「コンペティション」モデルと、SROが主催するブランパンGTシリーズのGT4カテゴリー等に参戦するための「MR」という2つのバージョンが用意されます。

さらに、このレーシングカーが革新的なのは持続可能性さえも考慮していることです。運転席と助手席のドア、さらにリアウイングは亜麻や麻の繊維などの農業副産物から供給される有機繊維を利用した天然繊維コンポジット製となっています。レーシングカーのボディにおいて原材料の持続可能性にフォーカスされたのは、おそらく初めて。ポルシェによればプロダクション(量産)レーシングカーとしては世界初ということです。

価格は、718ケイマンGT4クラブスポーツコンペティション が2361万9600円、718ケイマンGT4クラブスポーツMRが2714万400円と発表されています。なお、718ケイマンGT4クラブスポーツコンペティションの購入者には、PSCJへの参戦が義務付けられているそうです。

また、レーシングカーですから公道走行はできません。あくまでサーキット専用車です。

(山本晋也)

『ポルシェ』の最新記事
システム出力は680PS! 新型カイエンターボSEハイブリッド/カイエンターボSEハイブリッドクーペの予約受注がスタート
ポルシェ、おまえもか… 初のEV「タイカン」を見て感じたこと【フランクフルトモーターショー2019】
ポルシェ初のピュアEV「タイカン」がワールドプレミア。まずは「ターボS」と「ターボ」がデビュー【新車】
待望のPHV投入! ポルシェが「カイエンターボSEハイブリッド」と「カイエンターボSEハイブリッドクーペ」を追加
ポルシェ
ポルシェからレアなボディカラー「マリタイムブルー」をまとった特別仕様車が登場!! 718ケイマン&ボクスターGTS、911カレラGTS&カブリオレに設定
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事