新型アコードや日本未発売のBR-Vなど、興味深いモデルを出展したホンダ【バンコク・モーターショー2019】

●日本未発売の新型アコードは右ハンドル仕様!

3月下旬、タイ王国バンコク郊外で開催されたバンコクモーターショーでのホンダブースでの模様です。今年のバンコクモーターショーではホンダは興味深い展示でした。

まず、新型のアコードが展示されたことにビックリです。

日本で販売されいてるアコードは9代目で、すでに北米では10代目となる新型アコードが発表され発売が開始されています。その10代目アコードがバンコクモーターショーでお披露目されました。バンコクでデビューするのですから当然右ハンドルです。

バンコクモーターショーに展示されたアコードはピュアエンジンが1.5リットルターボで、そのほかに2リットル+モーターのハイブリッドモデルも用意されます。9代目よりも長くなった全長、広くなった全幅はよりグローバルモデル的な印象が高まっています。価格は150万〜180万バーツ(約525万円〜約630万円)という設定です。

もう1台、超注目だったのがB-RVというモデル。このBR-Vについてはちょっと突っ込んで起きたいので、別記事で詳しく取り扱いますが、コンパクトなサイズで3列乗車を可能にしたところは賞賛に当たるほど、よくできたクルマです。

タイでは各社からSUVやピックアップトラックが発売されていますが、ホンダはピックアップトラックを持っていないため、前出のBR-V、CR-V、HR-VがSUVとして用意されています。

乗用系は前出のアコードに加え、コンパクト5ドアハッチのブリオ、フィットの海外版であるジャズ、フィットベースセダンのシティ、3列7名定員もしくは2列5名定員のMUV(マルチユーティリティビークル)、そしてシビック&シビックハッチバックが用意されています。

 

(文・写真:諸星陽一)

この記事の著者

諸星陽一

諸星陽一 近影
1963年東京生まれ。23歳で自動車雑誌の編集部員となるが、その後すぐにフリーランスに転身。29歳より7年間、自費で富士フレッシュマンレース(サバンナRX-7・FC3Sクラス)に参戦。乗って、感じて、撮って、書くことを基本に自分の意見や理想も大事にするが、読者の立場も十分に考慮した評価を行うことをモットーとする。理想のクルマ生活は、2柱リフトのあるガレージに、ロータス時代のスーパー7かサバンナRX-7(FC3S)とPHV、シティコミューター的EVの3台を持つことだが…。