いすゞブースの主役はアジアクロスカントリーの覇者。スポーツイメージを前面に押し出した出展【バンコク・モーターショー2019】

●タイで人気を誇るD-MAXとSUVモデルを出展したいすゞ

3月下旬、タイ王国バンコク郊外で開催されたバンコクモーターショーでのいすゞブースでの模様です。日本では乗用系から撤退、商用モデルだけを販売しているいすゞですが、タイではちょっと様子が異なります。

かつてはジェミニやアスカ、そしてピアッツァといった乗用モデルも製造していたいすゞですが、1993年に乗用車産業から撤退し、現在はトラックやバスなどの商用モデルに特化した自動車メーカーとなっています。

しかしタイでは、日本で販売されないピックトラックやそれをベースとしたモデルが人気となっています。

 

毎年、タイをスタートして近隣国でゴールを迎えるアジアクロスカントリーラリーには多くのいすゞ車ユーザーが出場します。いすゞのピックアップトラックDマックスは非常に強く、2014年から2018年まで連続優勝を果たしています。

もちろん主役として展示されていたのはそのDマックスです。Dマックスは標準タイプはもちろん、特別仕様のステルス、最上級モデルとなるVクロス、スポーティ仕様のXシリーズ、さらにはサーキットレースのペースカー仕様など多彩なモデルが展示されていました。

一方、Dマックスをベースに荷台を廃してフルボディが与えられた、いわゆるアジアで言うところのSUVとなるのがMU-Xです。

かつていすゞは日本でMuと表記してミューと発音するSUVを発売していたので、このMU-Xもミューエックスと呼びがちだが、確認したところこのモデルについてはエム・ユー・エックスと発音するとのこと。

エンジンは150馬力の1.9リットルディーゼルと177馬力の3リットルディーゼルの2種で1.9リットルは2WDのみの設定となっています。

(文・写真:諸星陽一)

『バンコクモーターショー』の最新記事

トラック&SUVを展開するシボレーは新型キャプティバをアジアプレミア【バンコク・モーターショー2019】
かつての英国スポーツカーメーカーブランド「MG」から11人乗りバンやEVが登場【バンコク・モーターショー2018】
ヒュンダイブースのメインステージには電動車「コナ・エレクトリック」を展示【バンコク・モーターショー2019】
現地生産をスタートさせたスバル。関税がかからない「国産車」を中心に出展【バンコク・モーターショー2019】
CR-Vの弟分!? ホンダ・BR-Vは日本でも重宝されそうなサイズと良好な使い勝手【バンコク・モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事