【自動車用語辞典:排出ガス「エンジンによる触媒の違い」】ガソリンとディーゼルで異なる触媒の機能

■ディーゼルにはガソリンより高度な触媒技術が求められる

●排出ガス規制に応えてきた後処理システムの進化

厳しさを増す排出ガス規制への適合には、エンジンの改良とともに触媒などの後処理システムの技術進化が大きく貢献しています。燃焼方式の異なるガソリンエンジンとディーゼルエンジンには、機能の異なる触媒が必要です。それぞれの触媒の構成や機能について、解説していきます。

●触媒とは

触媒は、断面が円形あるいは楕円形で、内部はハニカム形状のセラミックなどの構造になっており、その表面には貴金属微粒子を担持した触媒コート層が塗布されています。触媒コート層の表面上を、規制対象の有害な成分CO、HC、NOx、PMが通過すると、化学反応によって無害な成分に浄化されます。

初期の触媒は、排気系に装着するだけの簡単なものでした。最近は、より高い効率で排出ガスを浄化するために、排気温度や空燃比(燃料と空気の質量比)などを高精度に制御する必要があります。

●ガソリン用三元触媒

三元触媒の触媒コート層には、白金(Pt)、ロジウム(Rh)、パラジウム(Pd)などの貴金属微粒子が担持されています。この表面を排出ガスが通過すると、COとHCはPtとPtによる酸化反応、NOxはRhの還元反応によって、有害な3成分が同時に浄化されます。

・COの酸化  2CO + O2 → 2CO2
・HCの酸化  4CxHy + (4x + y)O2 → 4xCO2 + 2yH2O
・NOxの還元 2NOx → xO2 + N2

この3つの反応を同時に進行させるためには、エンジンの空燃比を理論空燃比14.7近傍に設定する必要があります。そのため、排気管に装着した酸素サンサーによってフィードバック制御し、空燃比を精度良く理論空燃比に設定します。

●ディーゼル用NOx吸蔵触媒

ディーゼルエンジンの燃焼は、ガソリンと異なり、希薄(リーン)燃焼です。したがって、ガソリンエンジンのように三元触媒が使えず、希薄燃焼下でNOxを下げるNOx吸蔵触媒や尿素SCRが必要です。NOx吸蔵触媒には、貴金属微粒子に加えてBa(バリウム)などの吸蔵材が担持されています。

NOx吸蔵触媒は、まず排出されたNOをNO2に酸化して触媒の吸蔵材に吸蔵します。十分に吸蔵した時点でリッチスパイク(定期的にリッチ燃焼にする)を行いHC、CO、H2を供給します。これらが還元剤となり、吸蔵したNO2をN2に還元するという手法です。

●尿素SCR(選択還元触媒)

尿素SCRシステムは、尿素を高温の排気ガス中に噴射し加水分解によってアンモニアを生成し、アンモニアを還元剤として、NOxをN2に還元する手法です。

NOx吸蔵触媒よりも、浄化効率は高いですが、システムが複雑でコストは高くなります。また、NOx吸蔵触媒は還元剤として燃料を余分に供給するため、燃費悪化やCO2の増加を伴います。一方、尿素SCRではアンモニアを還元剤とするため、燃費悪化やCO2が増加しないというメリットがあります。

●DPF(ディーゼルパーテキュレート・フィルター)

PMについては、セラミック製のウォールフロータイプのDPFで浄化します。内部は、ハニカム状の通路を互い違いに目封じした構造で、表面には触媒コート層が塗布されています。

排出ガス中の煤を主にしたPMは、DPF内部の多孔質のフィルタで捕集されます。規定量のPMが堆積すると、PMは再生制御(エンジンで定期的に高温に制御)によって、燃焼させて除去されます。現在は、ほとんどのディーゼル車にDPFが装着されています。


ガソリンエンジンについては、魔法の薬「三元触媒」によって、排出ガス規制への適合はそれほど難しくはありません。一方、ディーゼルエンジンは、複数の触媒とそれを効率よく機能させる高精度制御が必要で、適合の難易度はガソリンよりはるかに高いです。

(Mr.ソラン)

『自動車用語辞典』の最新記事
トビラ画像
【自動車用語辞典:インターフェイス「概説」】車両の情報をドライバーに伝えるさまざまな装置
トビラ画像
【自動車用語辞典:インターフェイス「スピードメーターの表示誤差」】安全のため実際の車速よりも高めに表示される
トビラ画像
【自動車用語辞典:インターフェイス「メーターと表示方法」】運転に必要な情報を分かりやすく表示する工夫
トビラ画像
【自動車用語辞典:インターフェイス「HUD」】フロントウィンドウに情報を表示して「よそ見」を低減させる技術
トビラ画像
【自動車用語辞典:インターフェイス「HMI」】クルマと人を視覚・聴覚・触覚でつなぐ装置や手段の総称
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事