ロータスから3億円のEVハイパーカーが4月にデビュー!?

●ウィリアムズと提携して開発される「オメガ コンセプト」は価格もパワーもハイパークラス

2018年末あたりからロータスがEVハイパーカーを計画しているという噂が出ていますが、その準備が完了し、4月に「オメガ コンセプト」としてワールドプレミアされる可能性が高いことがわかりました。

同ブランドでは、この新型モデル開発にあたり「Williams Advance Engineering」(ウィリアムズ)と提携し、ロータス主導のもとウィリアムズが電気駆動系を開発する予定です。最新情報では「オメガ」は「過激」「軽量」「機動的」であり、新世代の技術を投入。ピニンファリーナ「バティスタ」やリマック「C-Two」などに匹敵する、最高出力1000psレベルのハイパーカーとなることが確定しているといいます。

パワーユニットは、個々のアスクルに電気モーターを搭載した全輪駆動で、ブレーキエネルギーの回生や急速充電などの機能を持ちます。バッテリーに関してロータスは正式に発表していませんが、航続は250マイル(400km)程度が予想されます。

今回公開されるのはコンセプトモデルと思われますが、市販化されれば200万ポンド(2億9千万円)以上の値段になると噂されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型 日産・ジュークは電動化を強化。デビューは2019年秋!
メルセデス・ベンツ GLBのトップモデル、383馬力の「AMG GLB 45」を設定へ!
VW・ゴルフ ベースのテスト車両をキャッチ。わずかなヒントから見えた正体とは?
今度はSUVだ!18年ぶり復活の「プーマ」高性能モデルをキャッチ
価格は「リーズナブル」な4億円!? ブガッティに新たなワンオフモデル計画が浮上

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事