トヨタがハイブリッド技術の関連特許を無償開放。その理由とは?

トヨタ自動車が年内にもハイブリッド車関連の特許を使用する権利を無償開放する方針を固めたそうです。

HV市場を更に拡大することで、関連部品のコストダウンが図れ、ひいては主要部品が共通するEVの価格引下げが可能となり、今後のEV商品化に際し、価格競争力向上に繋がるとみているようです。

日経新聞によると、同社のHV関連の特許数は約2万件存在するそうで、開放予定の特許はモーターや電力変換装置、バッテリー関連など、HVの基本性能を左右する最新技術の大半が対象になる模様。

EVの本格普及に向けてはバッテリーのコストや航続距離、充電インフラの整備など課題が多く、EVが世界の自動車販売台数に占める割合は2030年時点でも1割程度に留まるとの予測も有るようで、トヨタでは当面はハイブリッド路線が現実的と考えているようです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

トヨタのAI子会社がEV用バッテリーの「高精度寿命予測」を実現
https://clicccar.com/2019/04/01/730208/

トヨタが自動運転用精密地図の「自動生成」実証実験を4月からスタート
https://clicccar.com/2019/03/22/724486/

トヨタとパナソニックがEV用バッテリー開発で2020年に新会社設立へ
https://clicccar.com/2019/01/22/688762/

『トヨタ自動車』の最新記事
トヨタ 2000GT
今度はあのトヨタ 2000GT。A70/A80スープラに続いて補給部品を復刻へ
トヨタ・スペイド
トヨタ・ポルテ/スペイドに「パーキングサポートブレーキ」が加わった特別仕様車が登場【新車】
トヨタ
高齢ドライバーなどのペダル踏み間違いを防止!急加速事故を抑制する後付けシステム「踏み間違い加速抑制システムⅡ」をトヨタが発売開始
トヨタ ライズと生田ちむさん
売れまくりの「トヨタ ライズ」をレースクイーンの生田ちむちゃんとチェック!
トヨタ・ライズ/ダイハツ・ロッキーに市販8インチカーナビが装着できる取り付けキットが登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事