トヨタが自動運転用精密地図の「自動生成」実証実験を4月からスタート

トヨタ自動車の自動運転ソフト開発を手掛けるTRI-AD(トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント)が米CARMERA(カーメラ)社と共同で、4月から都内の一般道で自動運転用の高精度地図「自動生成」に向けた実証実験を行うそうです。

数カ月間に渡り、市販車に搭載されているカメラで都内の市街地データを取得、同データを元にCARMERA社のソフトウエアで高精度地図を自動生成する試み。

トヨタによると、将来的には世界中の市販車から取得したデータを元に高精度の地図が自動生成され、これまで長期間を要していた自動運転用地図生成プロセスが大幅に短縮されるとともに、あらゆる道路における自動運転実現が期待できるとしています。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

「完全自動運転車」はハンドル・ペダル類が不要?…が米国で議論に
https://clicccar.com/2019/03/20/723216/

高速道路での自動運転、来夏の法改正施行で「ながらスマホ・読書」可能に?
https://clicccar.com/2019/03/09/716001/

トヨタ自動車がJAXAと連携、月面探査プロジェクトで協業するワケは?
https://clicccar.com/2019/03/08/715065/

トヨタが年内に「自動運転」研究開発拠点を北京・上海に開設する理由とは?
https://clicccar.com/2019/02/17/702804/

法整備が課題!20年後に世界の自動車の3割以上が「自動運転車」になる?
https://clicccar.com/2019/01/05/677885/

『トヨタ自動車』の最新記事

トヨタが研究中の『本人も気付かぬ眠気』を検知する「覚醒度推定」システムが安全を生む理由とは?【人とくるまのテクノロジー展2019横浜】
蛍光灯と人工太陽灯を使って最後の念押し【トヨタ・センチュリー工場に潜入⑥〜検査工程】
Cピラーが鏡代わりになるほど磨かれた艶やかな塗装とは?【トヨタ・センチュリー工場に潜入⑤〜塗装工程】
ドアとボディの間の隙間はトヨタ最小の3.5mm【トヨタ・センチュリー工場に潜入④〜ボデー工程】
【新車】最大のネックを解消!? トヨタ・プリウスPHVが4人乗りから5人乗りに変更

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事