日常からサーキット走行まで、すべてをカバーする理想のFFスポーツ!?【メガーヌ ルノー・スポール カップ試乗】

4輪操舵システムである「4コントロール」を搭載し、「FFでもこんなに曲がるの!!」と心底驚かされる現行メガーヌ ルノー・スポール(R.S.)。5ドアの2ペダル仕様として登場し、裾野を大きく広げているのが特徴です。

一方で、MT仕様を望むエンスーも少なくないはずで、3月22日から100台限定で発売された「メガーヌ ルノー・スポール カップ」は、「4コントロール」やダンパー内に第2のダンパーを搭載した「4輪ハイドロリック・コンプレッション・コントロール(HCC)」などはそのままに、6MT、ジェイテクト製のトルセンLSD(TORSEN Type-B)、強化されたバイマテリアル構造のフロントブレーキなどにより、パフォーマンスをさらに引き上げているのが見どころ。

100台限定の「メガーヌ ルノー・スポール カップ」にサーキットで試乗する機会が得られましたのでご報告します。279ps/390Nmというパワー・トルクはベース車と同じで、先述したようにシャーシ、ブレーキの強化がトピックス。

ベースのメガーヌR.S.に対し、スプリングレート(バネ定数)をフロント23%・リヤ35%、ダンパーの減衰力を25%高め、さらにはフロントアンチロールバーの剛性も7%高めることで、ロールを抑制し正確なハンドリングが可能になるとしています。

さらにジェイテクトのトルセンLSDはサイドギヤを分割し、結合部にワンウェイ構造のヘルカルスプラインを採用。左右輪のトルク配分を高め、トラクションやハンドリングを向上。アクセルオン時で差動制限が大きく機能しトルク配分比を高める一方で、オフ時は差動制限の効きを抑えることで最適なトルク配分、ドライバビリティ向上を実現するとしています。

さて、良好な路面であるサーキットで走らせても乗り心地に関しては、条件付きになるのはメガーヌ ルノー・スポール カップも同様。ベース車よりもシャーシを強化しながらも現行メガーヌR.S.の基本的な乗り味の良さ、マナーの良さがうかがえます。

操舵フィールは走行モードによりかなり異なりますが、横滑り防止装置が介入する「スポーツ」モードを選んでも、ドライバーにコントロールする幅を持たせてくれている印象で、お尻を振りながら意のままのライントレースが可能。予想よりもコントロール性が高く、これならオフタイムにサーキット走行を楽しむビギナーでも十分に楽しめそう。

また、ステアリングを切った状態でアクセルを踏み込んでも前に加速する様子が伝わってきて、コーナーでもアクセルを踏んでいけるトルセンLSD(TORSEN Type-B)の効果を実感。

なお、6MTのシフトフィール、クラッチペダルの操作性も現代的な洗練されたもので、ピーキーさはなく普段使いでもまったく問題なさそう。450万円という「メガーヌ ルノー・スポール カップ」。内容を考えると間違いなくバーゲンプライスといえます。

(文/写真 塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事
「フランスの最も美しい村」の街並みを彩るオレンジをイメージした「ルノー カングー クルール」が200台限定で登場【新車】
ルノー トゥインゴ
マイナーチェンジを受けた新型ルノー トゥインゴに限定車「ルコックスポルティフ」が設定
ルノー・ジャポンが「ダイナース クラブ フランス レストランウィーク 2019」に協賛。トゥインゴをテーマにしたオリジナル料理を披露
【新車】情熱の赤をまとった「ルノー ルーテシア アイコニック」が40台限定で登場
【新車】ブーストアップでパワーアップ。トップグレート「アルピーヌA110S」が本国で発表
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事