80年代を彩った7車種が展示。トヨタ、レクサス、日産、ホンダ、スバルの国内共同企画に注目【オートモビルカウンシル2019】

2019年4月5日(金)〜7日(日)の3日間、幕張メッセで開催される「AUTOMOBILE COUNCIL 2019」(オートモビルカウンシル 2019)。トヨタ(レクサス)、日産、ホンダ、スバルが、国内メーカー共同企画に出展すると発表しました。

トヨタ自動車が昨年の同イベントで「メーカーやブランドの垣根を越え、クルマを愛する全てのみなさまとともに、ヘリテージを尊び、人とクルマの未来を見すえ、日本の自動車文化を育んでいきたい」と掲げた想いに、今回、国内メーカー/ブランド4社が賛同したことで、ひとつつのテーマのもと、各社を代表するクルマが展示されます。

展示テーマは「百花繚乱80’s」で、1980年代は日本メーカーの独創性と品質への情熱が欧米メーカーに追いつき、さまざまな技術や新車型が開花していった時期であり、その時代を彩った各社の代表的なクルマが展示されます。

日産は、Zの伝統と革新を体現し、当時の最新技術を数多く搭載した「日産 フェアレディZ Z32型」。ホンダからはシティ・カブリオレが登場。「シティは、ニュースにあふれてる」のキャッチコピーとともに人気を博し、「トールボーイ スタイル」の先駆けとなったモデルのカブリオレです。

SUBARUは、当時量産車として世界トップレベルの空力性能と、水平対向6気筒を搭載し、高速AWDツアラーとして話題になった「スバル アルシオーネ」「世界一よく走るクルマ」を目指し、ボディ・エンジン共に新設計し、セダン同様の運動性能とワゴンの実用性を兼ね備え、90年代のワゴンブームのきっかけとなった「スバル レガシィ ツーリングワゴン」。

トヨタからは「ピラーレス 4ドア ハードトップ」と低い車高で、スポーティでクリーンなスタイルを特徴として、4ドアの新しい市場を開拓した「トヨタ カリーナED」、国産初の量産ミッドシップとして、Fun To Driveで気軽に乗れるスポーティ・パーソナルカーを目指して開発された「トヨタ MR2」が登場。

レクサスからは、「優れた走行性能と圧倒的な静粛性」を高い次元で両立させ、その高いクオリティがその後の世界中の高級車開発にも大きな影響を与えることになった「レクサスLS400」が展示されます。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事