【新車】ハイトワゴンの軽自動車、新型三菱eKワゴン、eKクロスの予約受注を3月14日から開始!!

2019年3月28日の発売が予定されている三菱自動車の新型eK Wagon(eKワゴン)、eK X(ekクロス)の予約受注が3月14日から開始されました。日産自動車と三菱自動車の合弁会社であるNMKVが企画、開発を受け持つ形で、日産自動車がエンジニアリングを主導。生産は、従来どおり三菱自動車の水島製作所で行われます。

今回のフルモデルチェンジは、約6年ぶり。プラットフォーム、エンジン、CVTなどを刷新し、内・外装のデザインも大きく変わっています。

eKワゴンは運転のしやすさ、快適性の向上などが盛り込まれているほか、軽自動車初の高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」を一部グレードにメーカーオプション設定。なお、同技術は日産の新型車にも採用されます。

新たに加わったeKクロスは、三菱自動車が得意とするSUVテイストの新型クロスオーバーモデルで、SUVと軽ハイトワゴンをクロスさせたことから命名されたそう。さらに、新採用となるハイブリッドシステムにより低燃費で力強い走りを両立したとしています。なお、価格などの詳細は、発表時に発表されます。
(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。