【新車】ハイトワゴンの軽自動車、新型三菱eKワゴン、eKクロスの予約受注を3月14日から開始!!

2019年3月28日の発売が予定されている三菱自動車の新型eK Wagon(eKワゴン)、eK X(ekクロス)の予約受注が3月14日から開始されました。日産自動車と三菱自動車の合弁会社であるNMKVが企画、開発を受け持つ形で、日産自動車がエンジニアリングを主導。生産は、従来どおり三菱自動車の水島製作所で行われます。

今回のフルモデルチェンジは、約6年ぶり。プラットフォーム、エンジン、CVTなどを刷新し、内・外装のデザインも大きく変わっています。

eKワゴンは運転のしやすさ、快適性の向上などが盛り込まれているほか、軽自動車初の高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」を一部グレードにメーカーオプション設定。なお、同技術は日産の新型車にも採用されます。

新たに加わったeKクロスは、三菱自動車が得意とするSUVテイストの新型クロスオーバーモデルで、SUVと軽ハイトワゴンをクロスさせたことから命名されたそう。さらに、新採用となるハイブリッドシステムにより低燃費で力強い走りを両立したとしています。なお、価格などの詳細は、発表時に発表されます。
(塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事
三菱自動車ミニキャブ トラック
三菱自動車のミニキャブ トラックの「G」グレードに最新の予防安全技術「e-Assist」を搭載【新車】
三菱アウトランダーPHEVが一部改良。「ミツビシパワーサウンドシステム」、地図機能内蔵の「スマートフォン連携ナビゲーション」を新設定【新車】
三菱アウトランダー
三菱アウトランダーが4WD車にも車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備【新車】
三菱エクスパンダー
三菱自動車がクロスオーバーMPV「エクスパンダー」の生産を2020年からベトナムで開始
三菱自動車RVR
三菱 RVRが最新の「ダイナミックシールド」フェイスに一新。全グレードが「サポカーSワイド」に該当
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事