新型ジムニー/ジムニーシエラ用ベッドマットがトイファクトリーから登場【ジャパンキャンピングカーショー2019】

●フルフラットとハーフサイズの2種類を用意。安心して使用できる素材を使用

2018年の新型で最も注目を集めた1台といえるのが、新型ジムニー/ジムニー シエラでしょう。今回は、ジャパンキャンピングカーショー2019にトイファクトリーが参考出品した新型ジムニー・ベースの「101 TentCar」をご紹介します。

同ショーでは参考出品でしたが、ベッドマットのみですでに販売されています。フロントとリヤシートをフルフラットにしてマットを敷くだけで、簡単にベッドメイクできるのが特徴です。

約180×約130cmという広さで、大人2人が就寝できる広さに加えて、厚さ60mmの厚みのあるマットも美点。防汚・抗菌対策済みのマットは難燃素材を使い、有害物質を不使用とすることで、安心して眠れます。

ほかにも、ソロキャンプや1人旅に対応するハーフサイズのベッドも用意されています。サイズは約180×60cmで助手席側をベッドにしたまま運転できる利点もあります。

マットの収納は、4名乗車時は荷室に縦置きで収納可能で、2名乗車の場合は、後席をフラットにすることでベッドマット3段重ねに加えて、アウトドアグッズなども積載できます。

ベッドマットは、新型ジムニー(3BA-JB64W)/ジムニー シエラ(3BA-JB74W)に対応し、フルサイズが98,000円、ハーフサイズが50,000円(価格は税別で、スペシャルカラーは+8,000円)となっています。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連記事】

軽キャンパーが大注目! ホンダ・N-VANがポップアップルーフのキャンピングカーに【ジャパンキャンピングカーショー2019】
https://clicccar.com/2019/02/13/700467/

軽キャンパー最大級のベッドサイズが自慢。ソーラーパネル付のホンダ・N-VANキャンパー【ジャパンキャンピングカーショー2019】
https://clicccar.com/2019/03/04/713001/

『スズキ・ジムニー』の最新記事

スズキ「ジムニー」が日本車初となるワールド アーバン カー賞を受賞!
快挙! スズキ・ジムニーが日本車で初めて「ワールド・アーバンカー」を受賞
新型スズキ「ジムニー」がワールド・カー・アワードのTOP3にランクイン
スズキ初の「グッドデザイン金賞」を受賞となったジムニー/ジムニーシエラのデザインコンセプトとは?
【新型ジムニー・シエラ】エンジンの排気量を拡大。パワーに余裕が出たことでクルージング向きのギアリングに

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事