トヨタ・スープラの市販レース仕様車が世界初公開【ジュネーブモーターショー2019】

【ジェントルマンレーサーの愛車として注目を集めるGT4】

2019年3月7日のスイス・ジュネーブで開幕する第89回ジュネーブ国際モーターショーで、トヨタが「GR Supra GT4 Concept」を世界初公開することが発表されました。

GT4というのは、世界中で注目を集めているカスタマーモータースポーツカテゴリーです。市販車に改造を加えたレース仕立てにしたマシンをユーザーが購入してレースを楽しむ、まさにジェントルマンモータースポーツのために生まれたカテゴリーといえます。

日本のスーパー耐久シリーズではST-ZクラスがGT4マシンのためのクラスとして用意され、2019年シーズンにはメルセデスAMG、ポルシェ・ケイマン、KTM、ジネッタなど5台のエントリーが予定されるなど盛り上がりを見せています。そうした、これから注目のカテゴリーに新型GRスープラはチャレンジしようというわけです。

【3.0L 直列6気筒エンジン車をベースにレーシングカーに仕立てた】

あくまでも、新型スープラを活用したカスタマーモータースポーツの可能性を検討するためのコンセプトカーですが、その開発を担当したのは、欧州のモータースポーツ活動拠点であるトヨタモータースポーツ有限会社(Toyota Motorsport GmbH)だと聞けば、かなり実戦的で本気のレース仕様であることが想像できるでしょう。

画像からでも、ロールケージ、サスペンション、ブレーキ、リアウィングなどのレース専用部品を装着していることは確認できますし、市販車からさらなる軽量化を図ってることも見て取れます。なお、エンジンは3.0L 直列6気筒ターボと発表されています。

ジュネーブモーターショーに出展される「GR Supra GT4 Concept」は名前の通りコンセプトモデルですが、画像で確認できる完成度からも「GR スープラ GT4」が世界中のサーキットで活躍する日は遠くないと感じさせます。

(山本晋也)

『トヨタ・スープラ』の最新記事
トヨタ GR スープラ GT4
価格は約2100万円強!? レース専用車両「GR Supra GT4」の販売が欧州からスタート
たったの2100万円! TOYOTA GAZOO Racing GRスープラ GT4が「あえてアマチュアドライバー」にアピールするわけは?
スープラの実力をさらに高める、レース経験が豊富なTRDが開発したパーツは効果抜群【TRDカスタマイズ GRスープラ試乗】
GRスープラ同乗試乗会
無料体感コンテンツが盛りだくさんな「GR秋祭りin瀬戸内海サーキット」が9月29日(日)に開催!
TRDスープラ 走り
新型GRスープラをTRDがチューニング。「TRAS」が生み出す新感覚の乗り心地【TRDスープラ試乗】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事