67年前に日本に初上陸したVW Type-1 ビートルと記念撮影できる! カメラ見本市CP+で展示中

●オトナのインスタ映え!? 貴重なType-1 ビートルに乗って記念撮影できる

カメラと写真映像のワールドプレミアショーとしてパシフィコ横浜で3月3日まで開催の「CP+」。

その会場のエントランス付近に展示されたフォルクスワーゲンビートル。それも最初期のType1ビートルです。

1952年に当時のフォルクスワーゲン社社長ハインリッヒ・ノルトホフ氏とその一行が、日本への販路拡大のために来日した際に持ち込んだ4台のType1ビートルのうちの1台が、今回展示された車両です。

この個体は再塗装のほかは清掃と若干の補修のみで、当時の雰囲気を大切にレストアされたものです。

隅々を見回してみるとアルミパーツが多用されていることに驚きます。

質素というか簡素に見える室内ですが、配置自体はかなり現代的な印象。リアエンジンの割りに後席が意外と広いのにも驚きます。

まだ高速道路がなかった時代の日本において、120km/hスケールのスピードメーターは衝撃的だったようです。後方視認性が悪そうなリアウィンドウはいかにもクラシックな感じです。

意外と知られていないローラー式のアクセルペダル。これも完全に残された状態でレストアされています。

そして一番の驚きは、この日本初上陸ビートルは乗り込んで記念写真が撮れるという「わくわくのフォトスポット」として展示されているということです。貴重な一台に触れることができるチャンスです。

カメラの展示会で被写体として協力するヤナセ。それもこんな貴重なクルマを展示するという太っ腹な心意気に感動です。

(写真・文:松永和浩)

『フォルクスワーゲン』の最新記事

ワーゲンバスのキッチンカーでもらったバタープレッツェルがうますぎた【モーターファンフェスタ2019】
【週刊クルマのミライ】フォルクスワーゲンが市街地でレベル4自動運転の実験を開始。完全自動運転が近づいた!
【新車】フォルクスワーゲン up!の安全・快適装備充実させ、ポップに仕上げた「spice up!」が登場
フォルクスワーゲンがEV用バッテリー量産に向けて企業連合「EBU」を設立
独・フォルクスワーゲンが2030年に約4割をEV化する方針を表明

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事