ポルシェ初のEV「タイカン」が充電中の姿をキャッチ。マイナス40度で航続テスト中

●最高出力600psで911 GTSよりも俊足の「タイカン」

ポルシェ初の量産EVスポーツ「タイカン」の開発車両を、零下40度のスカンジナビアでカメラが捉えました。

市販型EVパワートレインは2基の永久磁石シンクロナスモーター(PSM)を搭載し、最高出力600ps以上を発揮。0-100km/h加速は3.5秒以下、0-200km/h加速12秒以下で駆け抜け、「911カレラGTS」よりも速いです。

最新情報によると、1回の充電での航続は530km以上とも伝えられ、マイナス40度に達するスカンジナビアでも400km以上を走るテストを検証しているようです。また800V高速充電「ターボチャージング・ステーション」により15分で400km分の充電が完了するといいます。

「タイカン」は2019年に発売が予定されており、ドイツ・ツッフェンハウゼンの本社工場で1500名を新規に雇用すると発表しています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ゴルフのような使い勝手が魅力。VWの新型EVハッチ「ID.3」の価格は370万円以下に
ポルシェはEVにも「ターボ」!? タイカン最終デザインついに露出
新型ゴルフのデジタルコックピットをキャッチ! 世界標準車らしい造り込み
AMGの秘密施設を発見。メルセデス・ベンツの最強SUV「AMG GLS63」は2020年デビュー?
BMWにスピンドルグリル!? 新型M3のプロトタイプから最終デザインを予想

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事