アウディ・A6オールロードの最終デザインを予想。デビューは3月か?

●A6シリーズ第3弾は「A6オールロード」は3月のジュネーブショーで公開!?

アウディは昨年、「A6セダン」および「A6アバント」の新型を発表しましたが、派生モデル第3弾となる「A6オールロード」も最終テストに入っています。その開発車両をもとにしたレンダリングCGを入手しました。

豪雪のフィンランド捉えたプロトタイプはリフトアップされ、専用デザインのルーフレールやフェンダーフレア、Yスポーツ大径ホイールを装着し、フロントバンパー、サイドシルがワイド化されています。グリルのクロムストリップは生産型に採用されるか不明です。

パワートレインの詳細も見えてきました。7速SトロニックATと組み合わされる3.0リットルV型6気筒TFSIエンジンを搭載し、最高出力340psを発揮します。また8速ティプトロニックと組み合わされる3.0リットルV型6気筒ターボディーゼルは、最高出力286psを発揮。スポーツディファレンシャルが標準装備される見込みです。なお、2.0リットル直列4気筒ターボエンジンはラインアップされないと予想されます。

ラゲッジルーム容量は565リットルに進化。40対20対40の3分割式の後席を倒せば、最大で1680リットルに拡大されます。室内では12.3インチのデジタルメーター・クラスタ、10.1インチのインフォテイメント・システム、8.6インチのタッチスクリーン、最新世代の「MMIタッチレスポンス」などの最新世代の装備が期待できそうです。

ワールドプレミアは2019年内と予想されていましたが、3月のジュネーブモーターショーでサプライズ登場の可能性があるかもしれません。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

クラス最強の600psオーバー! BMW X6M次期型は2020年に登場予定
硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ
BMW初のEV4ドアクーペ「i4」、クラス最速の加速力が判明
車名の商標登録が完了。メルセデス・ベンツ「SLR」、復活の可能性!?
これがスペイン版ゴルフ。セアト「レオン」の新型は9月デビュー?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事