新型・三菱 RVRがデビュー! ダイナミックシールドを進化させた迫力のフェイス【ジュネーブモーターショー2019】

●三菱の世界戦略車・RVR(ASX)の2020年モデルがデビュー

三菱自動車は、2019年3月5日(火)のプレスデーを皮切りに3月17日(日)まで開催される「第89回ジュネーブ国際モーターショー」において、コンパクトSUVの「ASX(日本名RVR)」の2020年モデルを世界初披露すると発表しました。

2009年に発売された「ASX」は、北米、欧州、豪州、中国など約90カ国で累計約132万台が販売されていているそうで、現在、三菱自動車において3番目に販売台数の多い世界戦略車。

今回の改良は外観を大きく変えているのが見どころです。「Impact and Impulse」というデザインコンセプトを掲げたエクステリアは、三菱らしいタフさに加えて、洗練された独創的なデザインにより強いインパクトを付加。

顔つきは、お馴染みになりつつある「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを進化。左右から中央に向かって包み込むバンパーのプロテクト形状とフロントグリル部を水平・垂直基調のスクエアなラインで構成されています。バンパー下部をスキッドプレート形状とすることで力強さ、堅牢さを表現。

また、フードに厚みを持たせたことにより存在感が高まっています。さらに、LEDを多用したフロントランプデザインでは、ターンランプとフォグランプをバンパーサイドに配した縦型のランプレイアウトにより、個性を演出。

リヤビューは、ターンランプ以外のリヤコンビランプをLEDとし、車幅いっぱいに広がる水平基調の特徴的でシャープなテールランプとすることでワイド感を印象づけています。バンパー下部をスキッドプレート形状として力強さも強化。

ボディカラーでは、鮮やかさと深い輝きを併せ持つ「レッドダイヤモンド」、スポーティでエネルギッシュな「サンシャインオレンジ」、上質でシックな印象の「オークブラウン」が新たに採用されています。

内装はユーザーインターフェイスの進化がポイントです。スマートフォン連携ディスプレイオーディオ(SDA)が改良され、コネクティビティが強化されています。画面サイズを7インチから8インチに拡大し、USBメモリーに保存されている動画をSDA画面上で視聴できるようになっています。さらに、上級グレードには、オランダのデジタル地図、ナビゲーションソフトウェアなどを手がける「Tom Tom」のナビゲーションシステムを採用。スマホを介してインターネットに接続することで、リアルタイム交通情報の利用が可能に。

ほかにも、車速、オドメーター、各種警告灯などの車両情報を活用したアプリを提供することができるようになり、将来的には燃料の残量に応じた最適なガソリンスタンドのナビゲーション、最適なメンテナンスの提案などが可能になるそう。これらの車両情報を活用したアプリは、随時配信していく予定としています。日本での発売時期や価格については現時点ではアナウンスされていません。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。