【東京オートサロン2019】今年はオーテックのラインナップが熱い!3分で分かるTAS・メーカー編:ニッサン

時間のない人、気の短い人に最適!自動車メーカーのブースの見どころを、超手短に紹介していきます!

西棟ホール2,3の奥にあるのが日産のブースです。

今年は見どころが多い日産のブースの中で、まず注目なのが、壇上にあるエクストレイルAUTECH、そしてリーフAUTECH Concept、そしてNISMOのレーシングカーである、リーフNISMO RC、FORMUL Eの4台です。

AUTECHが目指す先は、「スポーティと洗練された上質さ」。これまでに発売しているノートe-POWER AUTECH、そしてセレナAUTECH(SPORTS SPECとe-POWER AUTECH)に加え、3車種目のエクストレイルが登場します。

どれも、ハンドリングを代表する走りと、内外装のデザインに注力したカスタマイズが施されており、そのどちらも高い水準で達成できているそう。

今後のAUTECHは、「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」という、ユーザーがシート素材やカラーなどの仕様をいくつかの中から決定できるようにし、個性に合わせたカスタマイズを作るサービスを行っていくと発表もありました。

ちなみに、ボディカラーのAUTECHブルーは、AUTECHの開発がある神奈川の茅ヶ崎地区をイメージして、「湘南ブルー」とも呼ぶそうです。

また、クローラーを装着した「ジューク・パーソナライゼーションアドベンチャーコンセプト」、先日、GT-R NISMOを贈呈されたテニスの大坂なおみ選手をオマージュした「エクストレイル+NAOMI OSAKA CONCEPT」も目を引きます。

どちらも、写真と実物では大きく印象が異なります。クローラーとボディを繋ぐサスペンションの細かな構造や、ボディのデカールに反射する加減など、遥かに実物の方が印象よく、一目見る価値はあります。

ニスモのカスタムカーを横並びで見て、実際に触れることが出来るこのブース、NISMOのカスタマイズカーの購入を検討していたり、実際に目で見て、クルマに触れてみたいお客様たちにとって、とても良い場所です。さらに、このブースでのみ入手ができる「ニッサンリーフNISMO、ノートe-POWER S徹底解説本」は必ず入手しておくことをおススメします。

ただ、そろそろ私達クルマ好きが望んでいるのは、ニッサンの「新型車」です。昨年登場したのが、現行車のカスタマイズカーのみ、というのはとても悲しく、そして残念な2018年でした。ぜひ2019年は、皆が驚くような新型車のカスタマイズカーが並ぶことを期待します。

(文:吉川賢一/写真:鈴木祐子)

『東京オートサロン2019』の最新記事

【東京オートサロン2019】メーカー系デザイナーに突撃インタビュー。ホンダアクセス「TRIP VAN」は、使い込んでこそ輝くクルマ
【東京オートサロン2019】井出有治の「コレ乗りたい!」・その2 トップシークレットの作る「ノーマル」R35GT-Rって新鮮かも!?
【東京オートサロン2019】「アルパインスタイル」はやりすぎないカスタムがオシャレ!
【東京オートサロン2019】カルソニックレディ2018が卒業。新天地に向う二人にインタビュー!
【東京オートサロン2019】メーカー系デザイナーに突撃インタビュー。「ジムニー・シエラ PICK UP STYLE」は大人の趣味を満たすホビー感覚

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事