最終デザインが丸見え! メルセデス・ベンツ 新型CLAのプロトタイプをキャッチ

メルセデス・ベンツのスタイリッシュ・コンパクト4ドアクーペ、「CLA」の次期型プロトタイプをカメラが捉えました。

これまでで最もカモフラージュが薄い状態で現れた開発車両は、全く新しいアウトラインを持つヘッドライト(中のユニットはダミー)、コンパクトになったコーナーエアインテークを備える新デザインのフロントバンパー、グリルが確認できるほか、リアビューでは、よりスポーティになったテールライトのデザインやシンプルになったラゲッジルームの開口部ラインまで丸わかりの状態です。

キャビン内では、「MBUX」を搭載する高性能デュアル・ワイドディスプレイを装備。メルセデス・ベンツ最新のデザインが採用されます。また、安全なルートを指示してくれる最新世代の「メルセデス・ミー」も搭載予定です。

心臓部には、ルノー日産と共同開発の1.4リットル直列4気筒ガソリンターボ(最高出力163ps 最大トルク250Nm)、2リットル直列4気筒ガソリンターボ(最高出力224ps 最大トルク350Nm)、ルノー日産共同開発の1.5リットル直列4気筒ティーゼルターボなどをラインアップ。7速DCTと6速MTと組み合わされます。

また頂点には、最新のドリフトモート対応4Maticシステムを搭載する、最高出力400ps超えの「AMG CLA45ハイブリッド」が予想され、8速ATと組み合わされます。

気になるワールドプレミアの場は、2019年1月のデトロイトモーターショー、あるいは3月のジュネーブモーターショーになる可能性もあるようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

市販型パーツを装着した、アウディ・RS7次期型プロトタイプをキャッチ!700馬力のハイブリッドに注目
独占写真入手!ホンダ・アーバンEVの市販型プロトタイプを初スクープ
2019年登場予定のアウディ・Q7改良型をキャッチ。刷新されたフロントエンドを激写!
メルセデスAMG GT-Rファミリーに新たに追加される、サーキット指向の「CS」をキャッチ
メルセデス・ベンツ最小クラスとなる電動クロスオーバーSUV、スマートベースで開発中か!?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事