【TGRF2018】レースクイーン・霧島聖子ちゃんがTOYOTA Gazoo Racing Festivalに行ってきた!

11月25日に富士スピードウェイで開催されたTOYOTA Gazoo Racing Festival 2018(TGRF2018)。トヨタのモータースポーツ活動のファン感謝祭として様々なモータースポーツカテゴリーが富士スピーソウェイに集結し、デモ走行やパフォーマンスを見せてくれるイベントとして大盛況。

そんなTGRF2018にレースクイーンの霧島聖子ちゃんが遊びに行ってきました。霧島聖子ちゃんは2018 D’STATION フレッシュエンジェルズのメンバーでSUPER GTのGT300クラスとピレリスーパー耐久シリーズでレースクイーンとして大活躍。そしてピレリスーパー耐久シリーズ2018のイメージガールも兼任するという多忙ぶり。

なので、実はサーキットにいながらもモータースポーツを観客の立場としてじっくり楽しむことにあこがれていたそうです。ということでTGRF2018ではガッツリとミーハーに楽しんでもらいました。

オープニングセレモニーをグランドスタンドで楽しんだ霧島聖子ちゃん。開会の挨拶をした豊田章男社長が小林可夢偉選手の運転する社長専用車のセンチュリーGRMNで登場したときに「なにかすごいクルマな気がしました」との感想。そのセンチュリーGRMNをパドックで発見した霧島聖子ちゃんは思わず駆け寄り「このクルマと一緒に写真撮ってください!」と叫びます。

「偉い人が乗るほかのクルマと違って、何か別のオーラが溢れていますよね。威圧感とかそういうのではなくてクールな感じでカッコいい!」。実際にクルマに、特にセンチュリーGRMNに触れ合って写真が撮れる機会はTGRF以外では絶対にありえません。かなり貴重な体験です。

オープニングセレモニーに続いて催されたのはTEAM TOYO TIRESのドリフトパフォーマンス。TOYOTA 86やR35GT-Rなどお馴染みのドリフトマシンの中で異彩を放っていたのが600馬力にチューニングされたトヨタ ハイラックス。「なにこれ、カッコいい!」とばかりに実車を眺めにドリフトパークまで遠征をする霧島聖子ちゃん。

「こういう(ピックアップ)トラックもドリフトしちゃうって、ドリフトって無限の可能性を秘めてますね」との深いお言葉。さすが2017年のD1グランプリイメージガールD-Loveitsのメンバーだっただけはあります。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事