【新車】新型「NISSAN LEAF NISMO RC」が初披露。ツインモーターと新開発4WDを搭載し、240kW/640Nmを発揮!

以前、袖ヶ浦フォレストレースウェイで先代の「NISSAN LEAF NISMO RC」のステアリングを握ったことがあります。車両重量がわずか920kg強という軽さを活かし、カーボン製モノコックによる堅牢なボディと軽々と加速させる様には驚かされました。

2018年11月30日、リーフのレーシングカー新型EVレーシングカー、つまり2代目リーフをベースとした「NISSAN LEAF NISMO RC」が、東京銀座にあるニッサンブランドのグローバル発信拠点「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」で初公開されました。

同車は、日産のモータースポーツを担うNISMOのレーシングテクノロジーによって開発され、前型(先代)の2倍以上の最高出力と最大トルクを発揮するそう。なお、12月2日に富士スピードウェイで開催予定の「ニスモフェスティバル」で、日産のフォーミュラEカーとともにデモ走行を行う予定としています。

『日産自動車』の最新記事

学生が考える日産のビジネスプランとは? 7大学+α対抗プレゼンバトル2019が開催
EVと音楽を融合させたライブイベント「NISSAN Presents FORMULA E EXTRA BOOST Final」が7月15日に開催
【新車】日産・NV100クリッパー/NV100クリッパー リオがドライバーサポート、安全装備を強化
『ウルトラマンタイガ』の劇用車に日産・エクストレイルが登場
ルノー・日産連合がグーグル系ウェイモと無人運転の完全自動運転分野で連携へ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事