【新車】新型「NISSAN LEAF NISMO RC」が初披露。ツインモーターと新開発4WDを搭載し、240kW/640Nmを発揮!

以前、袖ヶ浦フォレストレースウェイで先代の「NISSAN LEAF NISMO RC」のステアリングを握ったことがあります。車両重量がわずか920kg強という軽さを活かし、カーボン製モノコックによる堅牢なボディと軽々と加速させる様には驚かされました。

2018年11月30日、リーフのレーシングカー新型EVレーシングカー、つまり2代目リーフをベースとした「NISSAN LEAF NISMO RC」が、東京銀座にあるニッサンブランドのグローバル発信拠点「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」で初公開されました。

同車は、日産のモータースポーツを担うNISMOのレーシングテクノロジーによって開発され、前型(先代)の2倍以上の最高出力と最大トルクを発揮するそう。なお、12月2日に富士スピードウェイで開催予定の「ニスモフェスティバル」で、日産のフォーミュラEカーとともにデモ走行を行う予定としています。

『日産自動車』の最新記事

ニュルで最速タイムを記録した「GT-R NISMO N-Attack Package」やレストアで生まれ変わった「フェアレディZ-L(S30型)」が登場【オートモビルカウンシル2019】
苦悩する三菱と日産が踏み出した「2歩目の成果」新型デイズ&ekワゴンの誕生秘話
【ニッサン・e-NV200試乗】商用車譲りの実用性とEVとして十分な性能を誇るも「遊び心が無さすぎる」!?
日産が「e-POWER」で欧州に殴り込み!? 欧州発表モデルに感じた心配事とは?【ジュネーブモーターショー2019】
大阪でも好評の「オーテックブルー」。リーフオーテックへも強い期待

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事