トヨタの予防安全パッケージ「トヨタ セーフティセンス」搭載車の世界出荷累計が1,000万台に!

トヨタ自動車の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」(トヨタ セーフティセンス)搭載車の世界出荷台数が、2015年3月の導入以降、今年の10月末で1,000万台に到達したそうです。

同システムには日米欧で発生した事故データに基づき、重大死傷事故の回避や、被害低減に効果が見込める3つの主な機能が取り入れられています。

・PCS(プリクラッシュセーフティ) 追突事故、歩行者事故の低減、軽減に寄与
・LDA(レーンディパーチャーアラート)正面衝突や路外逸脱事故低減に寄与
・AHB(オートマチックハイビーム)夜間に歩行者等の早期発見、事故低減に寄与

「Toyota Safety Sense」搭載車は日本国内の追突事故において、約7割減の効果を発揮しており、低速域を担う「ICS」(インテリジェントクリアランスソナー)と組み合わせた場合、約9割減の効果が出ているそう。

同システムは中国・アジアの一部や、中近東・豪州等の主要市場を含む68ヶ国・地域に導入されており、日米欧で販売中の約9割の車両に搭載済みで、年内に日本国内で累計300万台、北米で累計500万台に達する見込みとのこと。

同社では今後、更なる事故低減に向け、交差点事故対応の技術開発を推進予定で、2020年までに約100ヶ国への導入を目指すそうです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事