【三菱デリカD:5】新色の「エメラルドブラックパール」はSUVらしさを強調

大がかりなフェイスリフトを中心に、ビッグマイナーチェンジを受けた三菱自動車のデリカD:5。ボディサイズは、全長4800×全幅1795×全高1875mmで、ホイールベースは2850mm。フロントマスクのデザイン変更により、現行型よりも10mm長くなっています。また、最低地上高は従来の210mmから185mmに低くなっていて(樹脂部品のぞく)、全高は5mm高くなったものの、安定感が増したワイドな印象を受けます。※数値はプロトタイプ仕様。

ボディカラーに新色の「エメラルドブラックパール」が設定されたほか、モノトーンが4色、SUV的な雰囲気をもたらす2トーンも4色で、計8色が用意されています。

新色の「エメラルドブラックパール」は、その名のとおり、エメラルドを想起させる硬質かつ深みのあるカラードブラック。クリスタイルシャインを採用し、光を受けるハイライトにはグリーンの輝きを持たせ、シェード部には艶やかなブラックとすることで、プレミアムな印象を付加したとしています。

一方の内装色は、標準仕様が新色のブラック、ベージュの2色で、「アーバンギア」には新色のブラックとなっています。

(文/塚田勝弘 写真/三菱自動車、塚田勝弘)

『三菱自動車』の最新記事

「まちエネ」が三菱自動車の協力のもと、EV・PHEVが毎晩充電し放題となるお得な電気料金プランを開始!
新型パジェロスポーツ
【新車】スマホで操作できる電動テールゲートなど最新装備を用意した三菱自動車の新型パジェロスポーツが世界初披露
【新車】三菱がタイで生産するパジェロスポーツはデフロック可能なスーパーセレクト4WD-IIを搭載
【エクリプス クロス試乗】ガソリン直噴1.5Lターボは「わんぱく」でした
クルマについての自由研究なら三菱自動車へ!? 27年目となる「2019年 小学生自動車相談室」を開設
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事