【三菱デリカD:5】同社初の尿素SCRシステムを採用した2.2Lクリーンディーゼル+8ATを新たに搭載

三菱自動車デリカD:5がビッグマイナーチェンジを受けました。内・外装の大幅刷新だけでなく、走りの面でも手が加えられています。

2012年にクリーンディーゼルが搭載されたデリカD:5の現在は、クリーンディーゼルエンジン搭載車が90%を超えているそう。

個性的なデリカD:5は、アウトドアユーザーから絶大な支持がある一方で、タウンユースではアウトドア色が強すぎるという声、年齢を考えるともう少し落ち着いたミニバンが欲しいといったニーズがあったとしています。

『三菱自動車』の最新記事
三菱自動車 アトラージュ
日本への導入は間もなくか? 三菱自動車のミラージュとアトラージュがマイナーチェンジ【新車】
三菱 エクスパンダー クロス
三菱自動車が新型エクスパンダー クロスをラインナップに追加。インドネシアから発売開始【新車】
三菱自動車ミニキャブ トラック
三菱自動車のミニキャブ トラックの「G」グレードに最新の予防安全技術「e-Assist」を搭載【新車】
三菱アウトランダーPHEVが一部改良。「ミツビシパワーサウンドシステム」、地図機能内蔵の「スマートフォン連携ナビゲーション」を新設定【新車】
三菱アウトランダー
三菱アウトランダーが4WD車にも車両運動統合制御システム「S-AWC」を標準装備【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事