【三菱デリカD:5】同社初の尿素SCRシステムを採用した2.2Lクリーンディーゼル+8ATを新たに搭載

三菱自動車デリカD:5がビッグマイナーチェンジを受けました。内・外装の大幅刷新だけでなく、走りの面でも手が加えられています。

2012年にクリーンディーゼルが搭載されたデリカD:5の現在は、クリーンディーゼルエンジン搭載車が90%を超えているそう。

個性的なデリカD:5は、アウトドアユーザーから絶大な支持がある一方で、タウンユースではアウトドア色が強すぎるという声、年齢を考えるともう少し落ち着いたミニバンが欲しいといったニーズがあったとしています。

『三菱自動車』の最新記事
三菱自動車 医療用フェイスシールド
三菱自動車が医療用フェイスシールドを岡崎市に寄贈
三菱ミラージュが大幅改良で大胆な顔つきに大変身!!ヘッドライトのOFFが無くなるなど安全面も充実【新車】
三菱自動車が新型MPVのエクスパンダー クロスをフィリピン、タイで発売開始
クラストップレベルの広さと先進安全装備を備えた、新型eKスペース/eKクロス スペースが登場【新車】
ルノー日産三菱アライアンス
三菱が「117.6億円の赤字」を発表し、ルノー日産三菱アライアンスの未来はどうなる?【 週刊クルマのミライ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事