ヴァルキリーの次は「ヴァルハラ」。アストンマーティンが新型ハイパーカーを開発中

アストンマーティンが、現在開発を進めているとみられる次世代ハイパーカー、「プロジェクト003」の正式名称が「ヴァルハラ」である可能性があることがわかりました。

車情報サイト「AutoGuide.com」によると、アストンマーティンは10月12日に乗用車の部品と付属品として商標登録を完了させた模様。

「ヴァルハラ」は、映画「マイティ・ソー」の舞台でもある北欧神話に登場する主神「オーディン」の宮殿であり、同舞台からは「ヴァルキリー」に続いての引用となります。

予想されるパワートレインは、レッドブル・レーシングに専用チューンされたV型6気筒ツインターボ+電気モーターのハイブリッドで、ミッドシップにマウントされます。車格としては、「ヴァルキリー」の下に位置。フェラーリ「488」やポルシェ「918スパイダー」をライバルに設定しているようです。

「ヴァルキリー」同様に限定モデルとして発売、価格は1億円で2020年にワールドプレミアが予想されています。

(APOLLO)