【2018年F1第19戦メキシコGP】ルイス・ハミルトン5度目のチャンピオンに!敗れたセバスチャン・ベッテルがレース後にとった行動に涙

2018年F1第19戦メキシコGPが、アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス(4.304km、周回数71周)で開催されました。

決勝前日に行われた予選を制したのは、ダニエル・リカルド(レッドブル)! モナコGP以来、今シーズン2度目のポールポジションに最高の笑顔を見せてくれました。

2番手はチームメイトのマックス・フェルスタッペン、3番手にワールドチャンピオンに王手をかけたルイス・ハミルトン(メルセデス)が続きます。

今シーズンのドライバーズチャンピオンが決まるかもしれない、メキシコGP。次戦繰り越しの条件は、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が優勝しハミルトンが7位以下と、ベッテルにとってかなり厳しい条件となりました。

普段より緊張感のあるグリッドに突如現れたのが、骸骨! フォーメーションラップに向かうドライバーに向かって「頑張れ!」とジェスチャーをしていましたが、びっくりしたドライバーがいなかったか少し心配です(笑)。

そう、メキシコは日本の“お盆”に近い“死者の日”ウィーク中で、サーキットのあらゆる所に骸骨が現れ、レースを盛り上げてくれていたのです。

“お盆”というと故人を思い出ししんみりとしてしまいますが、メキシコはあくまで楽しく明るく祝うのが特徴で、死を恐怖するのではなく逆にあざ笑うというモチーフになっているのだそうです。

スタートではハミルトンが好加速を見せ、レッドブル勢の真ん中に飛び込みリカルドの前に躍り出ました! 首位フェルスタッペン、2番手ハミルトン、3番手リカルドと大きく順位が入れ替わります。後方ではエステバン・オコン(フォースインディア)がシャルル・ルクレール(ザウバー)に追突し、フロントウイングを破損。緊急ピットインを余儀なくされました。

4周目、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がストップ。ターン12手前にマシンを停め、バーチャルセーフティカーが導入されましたが、すぐに解除され翌周にはレース再開となりました。

上位勢で最初に動いたのは、メルセデス勢。11周目にハミルトンとバルテリ・ボッタスが同時ピットイン。さらに12周目にはリカルドが、その翌周にフェルスタッペンがウルトラソフトタイヤからスーパーソフトタイヤに交換しました。

フェラーリ2台はまだステイアウト中。どのような作戦に出るのか、注目です。

キミ・ライコネン(フェラーリ)がチームメイトのベッテルとハミルトンとの差を広げるため後ろにいるハミルトンを懸命に抑えますが、17周目にハミルトンとリカルドに抜かれピットイン。これを見てベッテルもタイヤ交換し、この時点の上位勢の順位は首位フェルスタッペン、2番手ハミルトン、3番手リカルド、4番手ベッテル、5番手ボッタス、6番手ライコネンとなりました。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事