新型BMW・M3市販型プロトタイプをついにスクープ!最高出力は500馬力へ

BMWは、パリモーターショーで「3シリーズ」新型を発表しましたが、その最強モデルとなる新型「M3」のプロトタイプを捉えました。これまでのダミーパーツ装着モデルではなく、生産型と思われます。

フロントバンパーなどカモフラージュはまだ多いものの、新型「3シリーズ」同様にC型LEDデイタイムランニングライトを備える新世代ヘッドライト、L字型テールライト、ワイドなホイールアーチ、M3特有のトランクリッド・スポイラーなどが見てとれます。ただし、粗雑なクワッドエキゾーストパイプは最終型ではないと思われます。

プラットフォームには、「CLAR」アーキテクチャを採用し、ホイールベースを延長しボディを拡大。また軽量化と剛性アップを図ります。

注目の心臓部には、新開発の3リットル直列6気筒ツインターボ「S58型」エンジンを搭載。「M5」同様に4WDシステム「xDrive」を採用し、最高出力は新型「M340i」の360ps、現行「M3」の431psを凌ぐ450ps以上を発揮します。さらに「M5」にもオプション設定される「コンプリートパッケージ」をセレクトすれば、最高出力は500ps程度まで向上すると予想されています。

過去最強となる「M3」新型のワールドプレミアは、2019年のフランクフルトモーターショーと予想されており、2020年初頭からの発売が期待されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

新型レクサス・ISはこんなにスタイリッシュに!? 新開発ダウンサイジングターボ搭載で2021年デビューへ
ついにフォードと決別。ジャガー・Fタイプ次期型はBMW製V8を搭載
テストドライバーが挑発ポーズ!? ルノーがCセグメントPHVクロスオーバーを開発中?
新型ゴルフGTIは「恐ろしいほどCOOLになる」。歴代最強の300馬力を発揮
欧州ベストセラーミニバンが進化。 ルノー・エスパスの改良型は内外装を一新して登場?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事