【新車】ディスカバリー・スポーツの2019年モデルに限定グレードの「ランドマークエディション」が追加

ランドローバーのミドルサイズSUVである「DISCOVERY SPORT(ディスカバリー・スポーツ)。2列5人乗りのほか、3列7人乗りも設定されるなど、ニーズに応じてシート配列を選択できるのも魅力です。2018年10月30日から2019年モデルの受注が開始されました。

2019年モデルの見どころは、2019年モデル限定グレードである「LANDMARK EDITION(ランドマークエディション)」の追加。

ベース車は「SE」で、スポーティでダイナミックなフロントバンパーやグロスダークグレーの19インチ5スプリットスポーク「スタイル521」をはじめ、グラファイトアトラスの「DISCOVERY」ロゴなどが特徴となっています。

ボディカラーはナルヴィックブラック、コリスグレー、ユーロンホワイトの3色から選択が可能で、カルパチアングレーのコントラストルーフを用意。内装色はエボニーで統一され、ダークグレーアルミニウムフィニッシャーが組み合わされています。

ディスカバリー・スポーツのエンジンは、「INGENIUM(インジニウム)」 2.0Lの直列4気筒ガソリンターボ(最高出力177kW/240PS・最大トルク340Nm)とINGENIUM 2.0L直列4気筒ディーゼルターボ(最高出力132kW/180PS・最大トルク430Nm)の2タイプ。

また、2019年モデルとしてボディカラーにロワールブルーが新色として追加されています。機能面では、直感的なタッチ操作が可能な10インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」のスクリーン表示を刷新。

ほかにも、メモリー機能付の電動調整可倒式ドアミラーに自動防眩機能が装備(「HSE」、「HSE LUXURY」に標準、「SE」は未設定)されたほか、緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」が標準装備されています。

ボディカラーは全12色で、フジホワイト、ナルヴィックブラック、インダスシルバー、コリスグレー、サントリーニブラック、フィレンツェレッド、スコシアグレー、ナミブオレンジ、バイロンブルー、ユーロンホワイト、ロワールブルー(新色)、カルパチアングレー。先述したように、2019年限定グレードの「LANDMARK EDITION」は、ナルヴィックブラック、コリスグレー、ユーロンホワイトの3色。

価格帯は、2.0L直列4気筒INGENIUMガソリンエンジンを搭載車が4,430,000円〜7,330,000円。2.0L直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン仕様が4,730,000円〜7,630,000円です。

(塚田勝弘)

『ジャガー・ランドローバー』の最新記事

先進安全装備を満載した新型レンジローバー・イヴォークが2019年夏にも日本導入!?
「普通のクルマ」として選択できる熟成度と車輌全体の造り込み【ジャガー・I-PACE試乗】
ジャガー初のピュアEVであるI-PACEが「ワールド・カー・アワード2019」で3冠達成
【ジャガー・I-PACE試乗】AIアルゴリズムを使った「スマート・セッティング」など先進技術を満載
【ジャガー・I-PACE試乗】ポルシェ・マカン ターボが標的か!? 全身バネのような圧倒的な加速に驚き
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事