【パリモーターショー2018】プジョーが新型ガソリンプラグインハイブリッドを新型508/508SW、3008に追加

欧州だけでなく世界各地で厳しくなる燃費規制に対応するには、バッテリーEVやハイブリッド、プラグインハイブリッドなど多彩なパワートレーンを展開することが欠かせません。もちろん、ビジネスを見据えての現実的なラインアップも不可欠。逆風が吹いているクリーンディーゼルエンジンも各社、次世代を見据えた開発、論文発表なども行われているそうです。

さて、プジョーの「NEW PEUGEOT HYBRID PLUG-IN ENGINES」は、新しいガソリンプラグインハイブリッド。プジョー3008と新型508/508SWに搭載されるそう。駆動方式は2WDと4WDが設定され、欧州では2019年秋にも3008と新型508に搭載する予定としています。

注目は新しいドライビングモードです。具体的には「フルEV走行のZEVモード」による力強い加速のほか、「スポーツモード」のハイパワー、燃費、走りともに優れる「ハイブリッド」モード、4WDの「HYBRID4」の高い「トラクション性能」が特徴だそう。

2WDと4WD、225hp版と300hp版、セダンとSW、あるいはSUVという多彩なバリエーションに加えて、先述した多彩なドライビングモードにより、プジョーの新しい世界観を提供するとしています。

(塚田勝弘)

『プジョー』の最新記事

【新車】新型プジョー508SWが日本上陸。ステーションワゴンの常識を打ち破るデザインと高い積載性を両立
【新車】プジョーのクロスオーバーSUV「2008」がフルモデルチェンジ。ピュアEVも設定
【新車】黒のアクセントカラーとレザーシートを備えたプジョー2008「2008 GT Line Black Pack」が登場
【新車】人気のプジョー・208に、充実装備の特別仕様車「208 Allure Fun Edition」を設定
ライオンの牙と爪はプジョーの救世主なのか? 新型508のデザインにおける「新しい個性」を探る
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事