フォルクスワーゲンが10月20日・21日に「太陽と星空のサーカスin ロームシアター京都」を共同開催

2018年からブランド体験キャンペーン「Play On!」を展開しているフォルクスワーゲン。全国各地で、最新モデルや技術に触れてもらう機会を積極的に設けています。

「Play On!」は、クルマだけではなく、暮らしや趣味といった幅広いテーマにおいて同ブランドらしい遊び心あふれる体験をファンやオーナー以外にも提供。

その一環として10月20日(土)~10月21日(日)、ロームシアター京都において「太陽と星空のサーカスin ロームシアター京都」が京都岡崎蔦屋書店と共同開催されます。

「Play On!」は、「太陽と星空のサーカスあそぶの祭at 二子玉川ライズ」にコンテンツ・コラボとして参加し、今年のゴールデンウィーク期間中に始動しています。多くの来場者を集めて、大好評だったようです。

今回は、「太陽と星空のサーカス」と同社が再びタッグを組み、京都岡崎蔦屋書店と共同開催することで、「Play On!」初の関西での実施となるそう。

京都岡崎は文化と芸術、歴史が集積し交わる場所として多くの観光客も訪れる好立地。今回の「太陽と星空のサーカスin ロームシアター京都」では、京都市民だけでなく、全国から集まる観光客にもフォルクスワーゲンらしい「遊び心」あふれる体験型コンテンツを提供。

具体的には、「MERRY-GO-ROUND(VWオリジナルの手押しメリーゴランド)、「CRAFT & GO!(ビートル手作りクラフト&ラリー)」、「CANDY BOX WAGON(お菓子がたくさん詰まったVWバス)」などカップルや親子で楽しめるコンテンツが用意されています。

(塚田勝弘)

【関連リンク】
「太陽と星空のサーカスin ロームシアター京都」
https://sp.volkswagen.co.jp/playon/sunandstars/02/

『フォルクスワーゲン』の最新記事

2018年のフォルクスワーゲングループの販売台数は、0.9%増の過去最高1,083万台を記録
【新車】フォルクスワーゲン・ティグアンが一部改良。ベース車の安全装備を充実化
フォルクスワーゲンがEV「I.D.」シリーズの普及を目的に電力小売に参入。充電設備販売へ
【VWティグアンTDI 4モーション 試乗】SUVとディーゼルエンジン仕様のメリットとは?
【VWゴルフGTIダイナミック試乗】人気オプション装備を「全部のせ」した限定車で現行GTIの熟成ぶりを味わう

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事