【新車】「シビれる電気ジャガー」I-PACEは、400PS/696Nmという強烈なスペックに加えて航続可能距離・470kmを実現

F-PACE、E-PACEとSUVを着実に増やしているジャガー。2018年9月26日、ジャガーから初となるピュアEVで「エレクトリック・パフォーマンスSUV」を謳う「I-PACE」(アイ・ペイス)が発表されました。受注も同日より開始されています。

「I-PACE」はジャガーが白紙からデザイン・開発を手がけ、バッテリーEVらしい思い切ったデザインやパッケージング、最新技術の数々、そしてジャガーならではのスポーツカーのパフォーマンス、SUVとしての実用性や居住空間などを具現化した渾身作。

デザインは、スーパーカーのコンセプトカー「C-X75」からインスピレーションを得ているそうで、SUVでありながらクーペのような流線型のシルエットが特徴です。短くて低いボンネット、空力特性を強化したルーフデザインが目を惹きます。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事