ミッドシップ化される新型コルベットのテスト車両をニュルでキャッチ。その走りは?

シボレー・コルベットの次期型テスト車両がニュルに出現し、高速テストでその実力を魅せました。

コースに出たコルベットは、素晴らしい加速と安定したコーナーリングで、ミッドシップらしい走りを魅せたようです。その後もテールスライドすることもなく、直線やコーナーで機敏な走りで、ミッドシップへの進化の成果が見られたようです。

パワートレインは最高出力500psを発揮する6.2リットルV型8気筒LT1のアップグレード版、最高出力600psを発揮する4.2リットルV型8気筒ターボ、そして最高出力850psと伝えられる5.5リットルV型8気筒ツインターボエンジンのラインアップが予想されています。

そしてハイエンドモデルには、ツインターボと200psの電気モーターを組み合わせ、最高出力1000psを叩き出すハイブリッドモデルが噂されています。

ワールドプレミアは、早ければ2019年1月のデトロイトモーターショーのようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

硬派なボクシースタイルに注目。プジョーのクロスオーバー・新型「2008」は電動化へ
BMW初のEV4ドアクーペ「i4」、クラス最速の加速力が判明
車名の商標登録が完了。メルセデス・ベンツ「SLR」、復活の可能性!?
これがスペイン版ゴルフ。セアト「レオン」の新型は9月デビュー?
BMW・3シリーズ ツーリングの次期型は、セダンと異なるリアクォーターウィンドウを採用?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事