井出有治選手や韓流スターが参戦する韓国のスーパーレース・キャデラック6000は、生き残りゲーム的サバイバルレース!?【Play Back the OPTION Spin off】

ストリート爆走系OPTION誌でも、OPT・Z(Z31)の耐久レース挑戦など自ら参戦した大掛かりな記事から、「OPTIONレーダー」の中の小ネタまで、その時代の注目レースを多数レポートしています。そんなOPTでも、今回紹介するレースは掲載外?かもしれない、日本では馴染みの薄〜いレース……。

それが、2018年は韓国国内3ヵ所のサーキットを転戦し、全8戦で行われている『CJロジスティクス・スーパーレース・チャンピオンシップ』のトップカテゴリー「CADILLAC6000」(キャデラック6000、以下S6000)です。

このレースには、フォーミュラニッポンを経て2006年にF-1へもチャレンジした井出有治選手や、セントラル・柳田社長のご子息、柳田真孝選手など、日本からもレーサーやエンジニアの方が多数挑戦しているにも関わらず、なぜかあまり日本では紹介されないんですよね。

ってことで、今年2018年で参戦5年目となる井出有治選手を追っかけて、このS6000レースをご紹介しましょう。

【ガワはキャデラック、中身はパイプフレームのワンメイクレースがS6000】

S6000で使用されるマシンは、キャデラックATS-Vっぽい被せモノ(カウル)がされる、パイプフレームのワンメイク。斜め上へせり上がるバタフライドアがそそられます!

エンジンはGM製の6.2L-V8。井出選手がエントリーしている「KUMHO ECSTA RACING TEAM」(クムホ・エクスタ・レーシングチーム)のfacebookや、CJロジスティクス・スーパーレース・チャンピオンシップのオフィシャルサイトにある車載動画を見てみると、アメリカンV8の持つ独特な「ドドドドッ」というエンジンサウンドが、なにやら波乱を予感させます…!?

この記事の著者

永光やすの

永光やすの 近影
「ジェミニZZ/Rに乗る女」としてOPTION誌取材を受けたのをきっかけに、1987年より10年ほど編集部に在籍、Dai稲田の世話役となる。1992年式BNR32 GT-Rを購入後、「OPT女帝やすのGT-R日記」と題しステップアップ~ゴマメも含めレポート。Rのローン終了後、フリーライターに転向。AMKREAD DRAGオフィシャルレポートや、頭文字D・湾岸MidNight・ナニワトモアレ等、講談社系クルマ漫画のガイドブックを執筆。clicccarでは1981年から続くOPTION誌バックナンバーを紹介する「PlayBack the OPTION」、清水和夫・大井貴之・井出有治さんのアシスト等を担当。