ついに新型EV「EQC」がメルセデス・ベンツから登場!2019年上半期から生産へ

メルセデス・ベンツが9月4日、新型EV「EQC」を公開しました。

独ダイムラーのディーター・ツェッチェCEOによると、同社のEVブランド「EQ」ラインナップ計画の一環となるモデルで、「EQC」の開発には100億ユーロを超える資金を投じたそうです。

前後アクスルに電動モーターを搭載する4WD仕様で、満充電時の航続距離は450km以上、0−100km/h加速を5.1秒でこなす性能を有しているそうです。

2019年上半期から「Cクラス」を生産している独ブレーメン工場で生産する予定で、中国市場向けについては現地生産となる模様。

ブルームバーグによると、ツェッチェCEOは「EV開発に全力を尽くす」との意気込みを示しているそうで、2022年までに10種類のEV投入を予定。10億ユーロを投じて8ヶ所のバッテリー生産拠点設置を計画しているようです。

Avanti Yasunori・画像:Daimler)

【関連記事】

EV&PHV普及に備えてCHAdeMOが「次世代急速充電技術」の世界標準作りを目指す
https://clicccar.com/2018/08/24/621686/

人材育成で0-100km/h加速2秒以内の「スポーツEV」を開発した会社とは?
https://clicccar.com/2018/08/18/619842/

国内発売は年内? メルセデス・ベンツが新型「Aクラス」の最新動画を公開
https://clicccar.com/2018/08/16/619214/

独・ダイムラーが年末に発売予定の新型Aクラス 「セダン」はこんなクルマ!
https://clicccar.com/2018/08/13/618395/

トヨタとの資本関係を解消した「いすゞ」新たにEV新会社との提携模索か?
https://clicccar.com/2018/08/07/616399/