フェラーリの聖地でメルセデスがチーム力を見せつけた!落胆するティフォシのボルテージを上げたスペシャルゲストとは?【2018年F1第14戦イタリアGP】

2018年F1第14戦イタリアGPが、アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ(5.793km、周回数53周)で開催されました。

決勝前日に行われた予選では、サーキットに集まったティフォシ(熱狂的なフェラーリファン)の目の前でキミ・ライコネン(フェラーリ)が2017年モナコGP以来のポールポジションを獲得!

現役F1ドライバー最年長が見せた渾身の走りは、感動的でしたよね。ライコネンの5年振りの優勝を見ることができるかもしれない(しかもフェラーリの聖地で!)、そんな期待を持たずにはいられない予選となりました。

さぁ、いよいよ決勝日。ライコネンは好スタートを決め、タイヤスモークを上げながら首位をキープします。

隊列の後方では、行き場を失ったブレンドン・ハートレー(トロロッソ)が両側を挟まれて右フロントサスペンションを壊しストップ。リタイアとなってしまいました。

さらにオープニングラップのロッジアで、3番手スタートのルイス・ハミルトン(メルセデス)が前を走るセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のアウト側から被せて前に出ますが、接触。ベッテルはフロントウイングを壊してスピンし、最後尾まで順位を落とすという衝撃のスタートとなりました。

これによりセーフティカーが導入。その間にベッテルはピットインし、壊れたパーツとタイヤを交換します。

4周目にレースが再開すると、メインストレートでハミルトンがライコネンをオーバーテイク。

しかし、やられたらやり返すのがライコネン。なんとロッジアでハミルトンに仕掛け抜き返し、首位を奪い取ったのです! これにはティフォシも大興奮!!  もう、キミ様かっこよすぎるーーー(涙)。

ライコネンとハミルトンがファステストラップを叩き出しながらレースが進んでいく中、9周目にフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が「同じ問題が起きた」とチームに訴え、ガレージへ。リタイアとなってしまいました。

15周目には最後尾から10番手まで浮上したベッテルですが「まだダメージが残っている」と、上手くマシンを操れないようです。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事