【新車】マツダ・デミオが一部改良。ガソリンエンジンを1.3Lから1.5Lに排気量アップ

装備では、フロントウィンドウに紫外線と赤外線を遮断する「スーパーUV カットガラス・IRカットガラス」を設定。こうした改良を盛り込みながら価格は従来並とされています。

さらに、特別仕様車の「Mist Maroon(ミスト・マルーン)」も同時に用意されました。上質なコンパクトカーとして人気のあったベリーサの受け皿にもなっているという「Style Collection(スタイル・コレクション)」の第6弾で、洗練されたカラー、素材にこだわった大人の仕様。

ドアトリムや助手席前のインパネ、シートにスエード調人工皮革の「グランリュクス」を採用。さらに、シートにキルティングも施され、上質かつ手触りのいい内装になっています。ディープレッドとブルーグレーステッチによる配色も特徴的です。

デミオの価格帯は、1.5Lガソリンが139万3200円〜201万9600円。1.5Lディーゼルが181万4400円〜227万8800円。特別仕様車の「ミスト・マルーン」は、ガソリンの「15S Mist Maroon」が178万2000円(2WD)、198万7200円(4WD)。ディーゼルの「XD Mist Maroon」が206万2800円(2WD)、226万8000円(4WD)です。

(塚田勝弘)

『マツダ』の最新記事

MAZDA2_18
【新車】マツダ・デミオが「MAZDA2」に! マイナーチェンジで快適&安全装備も強化
マイナーチェンジでシレッと車名を変えていた7車種【マツダ6への車名変更記念!?】
【新車】マツダ・アテンザがMAZDA6に改名。痛快な走りが魅力の2.5Lガソリンターボを追加
マツダ3のご先祖様!80年代に一世を風靡した赤いファミリアが登場【東京旧車会レポート・マツダ&その他メーカー編】
「ポスト2020燃費基準」は「Well to Wheel(ウェル・トゥ・ホイール)」ベースになる!?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事