【新車】マツダ・デミオが一部改良。ガソリンエンジンを1.3Lから1.5Lに排気量アップ

2018年8月30日、マツダ・デミオが商品改良を受けました。1.3Lだったガソリンエンジンを1.5Lに排気量を拡大し、力強い走りと実用燃費の向上が図られています。

一足先に大幅改良を受けたCX-3は、クリーンディーゼルエンジンを1.5Lから1.8Lに排気量拡大するという「ライトサイジング」化がされています。マツダは実用燃費向上を目指し、こうした排気量の適正化を進めています。

デミオのガソリンエンジンも1.3Lから1.5Lにすることで、高速道路や坂道などでもゆとりのある走りを引き出すのが狙い。さらに、アクセルの踏み込み量が減ることで、実用燃費向上を引き出す狙いもあるそう。なお、1.5Lのガソリンエンジン車の燃費(WLTCモードの総合値)は、17.2km/L〜19.8km/Lです。

『マツダ』の最新記事

【新型マツダ3海外試乗】マツダよ、ここまでやるか! 異なる二つのボディをこの目でチェック
【新型マツダ3海外試乗】ロサンゼルスの山道を驚くほどスムーズに駆け抜けたマツダ3
【河口まなぶがマツダ3に速攻試乗】Mハイブリッドを積む欧州仕様ハッチバックのワインディングでの走り味は?
【河口まなぶがマツダ3に速攻試乗】スカイアクティブG 2.5を積む北米仕様セダン、「走りの質感、触感が非常に高いレベル」
【河口まなぶがマツダ3に速攻試乗】Mハイブリッドを積む欧州仕様ハッチバックを市街地で試す!

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事