【新車】マツダ・デミオが一部改良。ガソリンエンジンを1.3Lから1.5Lに排気量アップ

2018年8月30日、マツダ・デミオが商品改良を受けました。1.3Lだったガソリンエンジンを1.5Lに排気量を拡大し、力強い走りと実用燃費の向上が図られています。

一足先に大幅改良を受けたCX-3は、クリーンディーゼルエンジンを1.5Lから1.8Lに排気量拡大するという「ライトサイジング」化がされています。マツダは実用燃費向上を目指し、こうした排気量の適正化を進めています。

デミオのガソリンエンジンも1.3Lから1.5Lにすることで、高速道路や坂道などでもゆとりのある走りを引き出すのが狙い。さらに、アクセルの踏み込み量が減ることで、実用燃費向上を引き出す狙いもあるそう。なお、1.5Lのガソリンエンジン車の燃費(WLTCモードの総合値)は、17.2km/L〜19.8km/Lです。

『マツダ』の最新記事

「ポスト2020燃費基準」は「Well to Wheel(ウェル・トゥ・ホイール)」ベースになる!?
マツダ・デミオのセダンが国内で新発売! でも一般ユーザーは買えないってどういうこと?【マツダ教習車】
骨盤を立てて運転する! マツダが提案する一歩進んだ運転姿勢とは?
世界限定3000台! マツダがオレンジカラーの「ロードスター30周年記念車」購入予約を受付開始
GベクタリングコントロールとAWDのコラボでマツダのシャシーコントロール技術は進化する
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事