【新車】マツダ・デミオが一部改良。ガソリンエンジンを1.3Lから1.5Lに排気量アップ

2018年8月30日、マツダ・デミオが商品改良を受けました。1.3Lだったガソリンエンジンを1.5Lに排気量を拡大し、力強い走りと実用燃費の向上が図られています。

一足先に大幅改良を受けたCX-3は、クリーンディーゼルエンジンを1.5Lから1.8Lに排気量拡大するという「ライトサイジング」化がされています。マツダは実用燃費向上を目指し、こうした排気量の適正化を進めています。

デミオのガソリンエンジンも1.3Lから1.5Lにすることで、高速道路や坂道などでもゆとりのある走りを引き出すのが狙い。さらに、アクセルの踏み込み量が減ることで、実用燃費向上を引き出す狙いもあるそう。なお、1.5Lのガソリンエンジン車の燃費(WLTCモードの総合値)は、17.2km/L〜19.8km/Lです。

『マツダ』の最新記事

マツダ・アテンザが「JNCAP予防安全性能評価」で最高ランクの「ASV+++」を獲得
北米仕様が先行公開された次期「アクセラ」。ディーゼルエンジンは新開発された1.8Lを採用
これぞ下剋上!? 次期「マツダ3」はアテンザを超えるインテリアの作り込みと質感が自慢
【ロサンゼルスオートショー2018】新型Mazda3がワールドプレミア。深化した「魂動デザイン」と「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」の走りが注目
新型「マツダ3」(アクセラ)に搭載されるハイブリッドは「M Hybrid」。現行アクセラとはどう違う?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事