ホンダ、中国での4輪事業20周年の節目に、新車累計販売台数が1,000万台突破

ホンダが6月4日、中国における新車累計販売台数が本年5月末時点で1,000万台を突破したと発表しました。

同社は1998年7月に中国で最初の合弁企業となる「広汽本田」を設立。中国での事業をスタートさせた後、2003年7月に「東風本田」を設立。

2015年に年間販売台数が100万台を突破して以降、2016年に126万台、2017年に145万台超の販売をそれぞれ記録しています。ちなみに1,000万台の内訳は、広汽本田が約610万台、東風本田が390万台。

主力セダン「アコード」やSUV「CR-V」のほか、中国専用モデルも人気で、近年は現地の消費者の好みに合わせた製品を増やすことで販売を伸ばしています。

同社は今回、中国での4輪事業20周年の節目に1,000万台を突破したことを踏まえ、今後も「カーシェアリングサービス」などの魅力あるモビリティー価値についても提供して行きたいとしています。

Avanti Yasunori・画像:HONDA)

【関連記事】

ホンダが今夏投入する「N-VAN」は、レジャーや車中泊にも最適なモデル
https://clicccar.com/2018/06/03/595935/

2017年度の新車市場で「軽自動車」が9年ぶりに販売台数首位を獲得!
トップは「ホンダ・N-BOX」
https://clicccar.com/2018/04/11/577923/

ホンダ、米「ウェイモ」社との自動運転システム共同開発で提携間近か?
https://clicccar.com/2018/04/04/574985/

ホンダが寄居工場をEV生産の「マザー工場(埼玉)」に位置付け量産を加速
https://clicccar.com/2018/03/05/565418/

ホンダがフランスの運航会社から「ホンダジェット」16機を一括受注!
https://clicccar.com/2018/02/10/557750/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事