日本の雪道が世界一「タイヘン」って? コンチネンタルタイヤの最新スタッドレスタイヤ「Viking Contact7」

ファッションの世界でも季節を先取りしてコレクションなどが行われますが、タイヤの世界でも真夏の今頃から冬用タイヤ商戦がスタートします。

ドイツのタイヤメーカー「コンチネンタル」からも最新のスタッドレスタイヤ「Viking Contact 7(バイキング コンタクト7)」が登場しました。

冬のあらゆる天候や路面状況にも対応するため、日本の特殊な冬の道路を研究し尽くして作られたという「バイキング コンタクト7」。ちなみに溶けた雪が凍ったり溶けたりを繰り返すのは日本独特なものだとか。そのため、世界的に見ても日本で使うスタッドレスタイヤが最も難しく、あらゆる面でレベルの高いことが要求されます。

新型「バイキング コンタクト7」に盛り込まれた技術の特徴は3つ。

まずはウェットの路面で優れた性能を発揮するため、コンパウンドに「アクティブシリカ」と「菜種オイル・コンボジション」を材料に使った「ノルディック・コンパウンド」に。

また駆動安定性を高めるためのタイヤのパターンを。左右対称の溝とブロックを最適なバランスにした「エフィシェント・グループ・ネットワーク」と、パターンを補強する「S-I ジョイント・コンポーネント」にした「インテリジェント・パターン・デザイン」に。

そして厚さの違う3Dサイプの「バリアス・3Dサイプ」とブロックの外側のエッジを高くして雪の侵入を防ぐ「エフェクティブ・アイスエッジ」による「アドバンスド・グリップ・コンセプト」で、ブレーキの性能が高くなっています。

これらによって、どんな冬の路面にも対応するバランスの良いタイヤが誕生したとのこと。

そしてタイヤのサイドウォールには雪の結晶とダイヤモンドが描かれています。こういう絵もちょっと新鮮ですね。日本では60サイズが展開されるそうです。

『吉田由美のすべてのすべて』の最新記事

【リシャール・ミル サウンド・オブ・エンジン】クルマは「音」で魅了! 実は裏(?)プログラムが凄かった
2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー決定! キーワードは「嫌われないクルマ」。そして私、吉田由美が選んだアノ車は?
日本一ロックな自動車メーカー「光岡自動車」から、ハートにびんびん響く「ロックスター」登場!
【中華電気自動車試乗】メーカー数はなんと500社以上! 中国で売れまくってる人気EVに一気乗り~!
【山形輸入車ショー2018】山形県で輸入車が前年比102.9%! そのワケは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事