メルセデス・ベンツの次世代LEDヘッドライトを装着した「GLCクーペ」改良型をキャッチ

メルセデスベンツのコンパクト・クロスオーバーSUV「GLC」の派生モデル、「GLC クーペ」改良型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

初期開発車両ながら、むき出しにされたヘッドライトを見ることができますが、これまでのメルセデスには見られない、L字型デイタイムランニングライトで囲まれる3連ヘッドライトとなっています。これはフェイスリフトが同時進行している「GLC」にも採用されると見られる、次世代ヘッドライトユニットと思われます。

またテールライトの下には、新たにバックライトが配置されているのも確認できます。

パワートレインは馬力アップが行なわれるようです。現行モデルで最高出力241ps、最大トルク369Nmを発揮する北米仕様の2リットル直列4気筒ターボエンジンは、最高出力255psへと向上するとレポートされています。また48Vマイルドハイブリッドの搭載も予想されています。

室内には、12.3インチのデジタルディプレイ、10.25インチのインフォテイメントシステムの他、シンプルに操作感が向上する新タッチパッドが搭載されます。さらに「Eクラス」「Sクラス」と同様に、タッチコントロール機能を持つ3スポークの新ステアリングホイールを装備、ハンドルから手を離さずにすべての機能をシンプルに操作が可能となります。

「GLC」及び「GLCクーペ」改良モデルのワールドプレミアは、2018年内と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

初の世代交代。プジョーSUV「2008」、新設定EVモデルか!?
最高出力は600ps超のスーパーPHV「ポールスター1」市販型を初スクープ!
クーペSUVの頂点を狙う!メルセデスAMG GLE63クーペの次期型はクラストップの630psに
新型 M3は3バージョンを用意!? 「M4」と同時に9月にも公開?
アウディ・A6オールロードの最終デザインを予想。デビューは3月か?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事