【週刊クルマのミライ】実はできる子。日本では地味な「シルフィ」、日産グローバル販売の柱

日産自動車が「日産ブロガー試乗会」というイベントを開催しました。

18車種20台と揃った日産の市販車ラインナップから気になるクルマを試乗できるというもので、神奈川県・追浜にあるテストコースを改修した試乗コース『グランドライブ』が会場です。

様々なジャンルのブロガーの方々に、日産車の魅力を伝えようというイベントで、その狙いからすると自動車メディアは参加すべきではないのかもしれませんが、なんとか潜り込むことに成功。

自動車メディア的には紹介する機会の少ないクルマのステアリングを久しぶりに握ることができたのです。

GT-RやフェアレディZ、リーフやノートe-POWERといったモデルが目立つ中、注目したのはオーソドックスな4ドアセダンの「シルフィ」。1.8リッターエンジンにCVTを組み合わせたFWD車で、試乗したのはオーテックによる特装車のSツーリングです。

16インチホイールやエアロパーツが若々しいイメージのシルフィSツーリングですが、日本市場におけるシルフィ全体としての典型的なオーナー像は60代〜70代と高齢ドライバーが中心といいます。

そんなわけで、普段はノーマークの一台だったのですが、グローバルにおけるシルフィのポジションは日本市場でのイメージとはまったく異なるというのです。

なんとグローバルでの日産車セールスでいえば3位が定位置という売れているクルマ。まさに三本柱の一本というのです。

主に売れているのはアメリカ市場と中国市場。トランクがついた3BOXスタイルが支持されているマーケットでは主力モデルなのです(ちなみに、北米仕様の名前は「セントラ」といいます)。

『クルマのミライ』の最新記事
排ガスとスモッグ
新型コロナウイルス対策のロックダウンによりCO2の排出量が大幅減。ハイブリッドカーの普及が加速する理由とは?【週刊クルマのミライ】
MAZDA CX-30
販売台数が前年比9%減のマツダ。付加価値で「稼げる体質」に変身できるか?【週刊クルマのミライ】
YARISCROSS_Ex1
2020年の注目モデル「ヤリスクロス」のライバル! フォルクスワーゲンT-Crossをチェック【週刊クルマのミライ】
事故を起こしそうなバイク
四輪&原付オーナーの味方・ファミリーバイク特約の「ロードサービスなし」が欠点に感じない理由
特別仕様車 RZ“Horizon blue edition”
2020年販売モデルで47馬力もパワーアップしたスープラ、2019年モデルオーナーは買い替えるべきか?【週刊クルマのミライ】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事