佐藤久実が語る、優雅なるオープン「アストンマーティンDB11 ヴォランテ」の世界【動画】

DB11 V8をベースにした、アストンマーティンの最新コンバーチブル
ASTON MARTIN DB11 VOLANTE

アストンマーティンの代名詞とも言える「DB11」には、もう1モデル“ヴォランテ”と呼ばれるオープンモデルが存在する。DB11 V8をベースにした極めて粋な世界観が特徴だ。この贅沢かつ優雅、そして高性能なスポーツGTのオープンモデルを、ジャーナリストの佐藤久実が動画とともに語る。

「DB11ヴォランテを選ぶ人って、本当にクルマが好きで、デザインから走りまで分かっていると思いますね。しかもオープンカーっていうライフスタイルを敢えて選んでいるわけですから本当にお洒落だと感じます」

そう語るのは、モータージャーナリストの佐藤久実。根っからのスポーツカー好きで、レース経験も豊富。それこそニュル24時間レースまで参戦した経験があるレーシングドライバーとしても手腕を振るう存在だ。そんな彼女でも、アストンマーティンのヴォランテ=オープンモデルは格別だと話を続ける。

「まず乗っていて気持ちが良い。一般道からワインディング、高速道など、色んなシチュエーションで走りましたけど、それぞれのシーンで環境にマッチした走りをしますね」

「スポーツやスポーツプラス・モードにしても、尖ったところがほとんどないんです。すごく人に寄り添ったチューニングだと感じました。当然、アクセルのレスポンスは上がるんですけど、過敏さはない。アクセルを踏みこんでいった時でも絶妙なタメがあるんです。踏んだ瞬間にいきなり飛び出すような感じがない」

やはり、アストンマーティンの基本はGT=グランドツアラーだということだろう。それが見事に体感できると語る。そしてパワートレインに触れ始めた。

「AMGのV8ツインターボエンジンを搭載しているのが話題となりましたね。私も正直、最初はイギリスとドイツの組み合わせは、どうだろうかと思っていたんですけど。まったくキャラクターが違うのに、大丈夫かな?と。でも、今日あらためて思いましたけど、サウンドも含めてちゃんとアストンになっている。けっして借り物みたいな印象はありませんね。すっかりアストンになっている」

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事