【新型ジムニー】荷室をフラット化するなどの使い勝手についても、ユーザーの声を聞いて大きく進化させさせています

新型ジムニーでは、3リンクリジッドアクスル式の前後サスを継続採用するなどして、オフロード走破力は高いままキープしています。

一方で使い勝手についても、ユーザーの声を聞いて大きく進化させさせています。その一例が後席及び荷室の使い勝手です。

先代ではリアシートを倒しても荷室とシートバックの間には段差ができてしまっていました。

しかし今回のモデルでは、荷室部分に大きなボックスを備えることで床面を持ち上げ、後席シートバックを倒した際にフラットになるような空間構成としているのです。

また後席シートベルトのアウター側アンカーは脱着式として、フラット時の空間どりに障害とならないような配慮もされています。

ラジオアンテナの形状も変更されています。

従来モデルではAピラーに伸縮式のロッドアンテナが装着されていました。しかし、このアンテナだと森林を分け入って進行する際に、木と接触して折れてしまうということもあったようです。

そこで今回、全長が短いアンテナが採用されました。またこれは、万一木などに接触した際にも後ろ側に倒れ込む可倒式です。

このようにジムニーには、強力なオフロード走破能力だけではなく、使い勝手についても徹底的に煮詰められて開発されたのでした。

(写真・動画・文/ウナ丼)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事