BMW・3シリーズ 新型ツーリングを初激写!テールライトが露出

BMW・3シリーズ ツーリングの次期型と見られるプロトタイプを、ドイツ市街地のアウトバーンで初目撃しました。

いきなりL字型テールライトを露出した開発車両のリアビューは「5シリーズ ツーリング」に近いイメージで、テールゲート・マウントスポイラー、デュアルエキゾーストパイプを備えています。フロントビューには、ワイドなキドニーグリル、それに隣接するLEDデイタイムランニングライト一体型のスリムなヘッドライト、大型のコーナーエアインテークが確認できます。プラットフォームには「CLAR」を採用し、大幅な軽量化とホイールベースの延長が図られるようです。

キャビンには、フルデジタル・インストルメントクラスタを採用。BMWの次世代デジタルコックピット「BMWオペレーティングシステム7.0」を搭載すると見られます。

パワートレインは、最高出力136psを発揮する1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジンや、2リットル直列4気筒ガソリンエンジンをラインアップします。「M340i」には「xDrive」を備える3リットル直列6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は385psまで高められるといいます。さらに、2リットル直列4気筒ガソリンエンジンとモーターを組み合わせるPHVモデルやEVの設定も可能性が高いようです。

ワールドプレミアは、10月のパリモーターショーでセダンと同時に行われるとレポートされていますが、ツーリングは2018年後半以降になる可能性もあります。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

復活のトヨタ「MR2」、2021年にハイブリッドで発売!?
ポルシェに水平対向8気筒モデルが登場? 次世代ミッドシップ「988」は700馬力へ
日産・ジュークはどうなる!? ルノー「キャプチャー」新型プロトタイプを初キャッチ
ロータス、超ド級1000馬力のEVハイパーカー「オメガ」を計画中?
零下30度のノルウェーでBMW X1改良型プロトタイプをキャッチ。コックピットにはタッチスクリーンを確認

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事