【新型フォレスター試乗】スバル独自のハイブリッド「e-BOXER」はバッテリーが大きく進化した

いまやクロスオーバーSUVを中心としたブランドといえるSUBARU。その大黒柱となっている「フォレスター」が5代目に進化します。

正式に発表された5代目フォレスターの発売日は7月19日(ハイブリッドは9月14日)となっていますが、ひと足はやく新型フォレスターの走りを味わうことができました。注目は、フォレスターとしては初設定となるハイブリッドグレード「アドバンス」です。

ガソリン車が2.5リッター水平対向4気筒エンジンを積むのに対して、ハイブリッドグレードのそれは2.0リッター(いずれもガソリン直噴)となっていますが、前後に駆動を分配するトランスファーの近くに10kWのモーターを内蔵することで、体感的なトルクでは上回っているというのがハイブリッドグレードのセールスポイント。

そもそもフォレスターの初代モデルはターボエンジンだけのラインナップで、アクティブなキャラが印象的でしたが、5代目にしてついにターボエンジンの設定が消えてしまったかわりにモーターアシストをアピールするのが新設定されたハイブリッドグレード。そのパワートレインに『e-BOXER』という名前を付けたのも、エコ一辺倒ではないハイブリッドシステムであることを示しているのかもしれません。

そうはいっても、基本的なメカニズムは旧型インプレッサなどに設定されていたシステムと共通の部分が多いパラレルハイブリッドで、違いといえばバッテリーやインバーターといった部分を新世代化しているのがポイントです。

『SUBARU』の最新記事

「初代レガシィ開発秘話」80年代にIoTを先取り…じつはコンピュータを駆使していた【クルマ塾・SUBARU編】
スバルも2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)を辞退へ
【新車】SUBARU XVに「e-BOXER」搭載する「Advance」を追加設定。一部改良も実施
【新車】SUBARUインプレッサが一部改良。アイサイトのACCの作動状況を問わずブレーキを保持する「オートビークルホールド」を追加
スバルファンなら是非聞きたい! レジェンド エンジニアによるココだけの話【クルマ塾2018】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事