【新車】4本で10kg以上軽量化を果たした鍛造アルミホイールを履くアルファ ロメオ「クアドリフォリオ・アルジェント」

ダイナミックで美しいスタイリングと、硬派な走りが魅力のアルファ ロメオ・ジュリア。6月9日、30台限定の「クアドリフォリオ・アルジェント」が発売されます。

イタリア語で「シルバー」を意味する「アルジェン」を車名に採用した限定車は、アルミニウムやカーボンファイバー製の特別装備をはじめ、19インチの鍛造アルミホイールなどを特別装備。さらに、アルミフューエルフィラーキャップやカーボンファイバー・シフトノブインサート、カーボンファイバー・イルミネーテッド・ドアシルガードも用意。

ボディカラーは、高品位な3層コートの「トロフェオホワイト」をベースに、専用のマットシルバー仕上げのサイドミラーカバー、シルバー仕上げの19インチ鍛造ホイールを組み合わせることで、スポーティかつエレガントなスタイリングを際立たせています。

この鍛造アルミホイールは、4本合計で10kg以上の軽量化を果たしているそうで、サスペンションのしなやかな動きを高める効果も期待できるとしています。

こうした90万円を超えるアイテム、三層コートカラーオプションを備えながら、ベース車から7万円高に抑えた11,390,000円 という限定車ならではの価格設定も注目。また、成約記念品としてAlfa Romeoロゴ入りアルミ製キャリーケースもプレゼントされるなど、同ブランドのファンにはたまらない特典も。なお、搭載されるパワートレーンは、510ps/600Nmを誇る2,891ccのV6ターボで、8ATとの組み合わせです。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事