【新車】人気限定車の第9弾「ルノー カングー クルール」が登場。男っぽいギア感を表現

●定番となった限定車「ルノー カングー クルール」の第9弾が200台限定で発売

両側スライドドアや広大なキャビンと荷室、観音開きドアなど、ミニバンのような使い勝手の良さにより、日本で根強いファンを獲得しているルノー・カングー。同モデルの定番である限定車「ルノー カングー クルール」が3月7日から200台限定で発売されます。

今回でじつに第9弾となる「ルノー カングー クルール」は、生命の復活を祝い、春を告げるお祭りであるイースターで子どもたちが夢中になって探し回るイースターの象徴である卵をイメージしたそうです。

専用装備されるのは、「イヴォワール」のボディカラーをはじめ、ボディ同色フロントグリルブレード、ブラックフロントバンパー&ブラックリヤバンパー、 ブラックドアミラーで、「クルール」らしく男っぽいギア感が表現されています。

なお、ベース車は2ペダルの「エフィシエントデュアルクラッチ」を備えた「ルノー カングー ゼン EDC」で、価格は259万9000円となっています。カングーの中でも人気限定車ですので、気になる方は早めに正規販売店に出かけた方がいいかもしれません。

(塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事

ルノー・カングーのユーザー必見!「niko and …」「CAPTAIN STAG」とコラボしたアウトドアアイテムが登場
日常からサーキット走行まで、すべてをカバーする理想のFFスポーツ!?【メガーヌ ルノー・スポール カップ試乗】
ルノーファンよ集まれ! 4月14日に「ルノー・スポール ジャンボリー 2019 in MFF」開催!
井出有治さん待望の「メガーヌR.S. カップ」6MTは、あえてラフに扱っても感触はマイルドだった!(その3)【動画】
「メガーヌR.S. カップ」はしなやかかつ軽やかなのに、スポーティ度はアップ!? これがルノー流スポーツカーの作り方(その2)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事