【新車】スズキの輸入車「バレーノ」がレギュラーガソリン仕様に生まれ変わって、ちょっとだけパワーダウン

スズキがインドの子会社であるマルチ・スズキ・インディア社で生産し、日本で輸入車として販売する「バレーノ」がマイナーチェンジしました。主な変更点は、1.0リッター直列3気筒ターボエンジンがハイオク仕様からレギュラーガソリン仕様に変わったことです。

これにより、ランニングコストを抑えることに成功しています。ターボエンジンを搭載する「XT」グレードのメーカー希望小売価格は、従来通り172万8000円(消費税込)です。

なお、レギュラーガソリン仕様になったことにより最高出力は75kW(102PS)/5500rpm、最大トルクは150Nm(15.3kg-m)/1700〜4500rpmとなり、JC08モード燃費は19.6km/Lになりました。ハイオク仕様だった改良前は、それぞれ82kW、160Nm、20.0km/Lでしたから、わずかにスペックダウンしているというわけです。

1.2リッター4気筒エンジンのスペックはそのままですが、エントリーグレードが廃止され、「XS」グレードだけの設定となりました。これによりバレーノは全2グレードのラインナップとなっています。

また、イメージカラーだったアーバンブルーパールメタリックが設定から落ち、全6色のバリエーションとなっています。

(山本晋也)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事