【新車】スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーチェンジ。安全装備を標準化

●衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールを標準化

全長4300×全幅1785×全高1595mmというスリーサイズをもつコンパクトSUVのスズキ・SX4 S-CROSS(Sクロス)は、ハンガリーのマジャールスズキで生産され、日本に逆輸入されています。

 

2019年4月10日、同SUVが一部改良を受けました。安全装備の充実化が柱で、ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポートⅡ」のほか、フロントシートSRSサイドエアバッグやSRSカーテンエアバッグ、アダプティブクルーズコントロール(約40km/hから作動)などが新たに標準装備されています。

ほかにも、助手席シートベルトリマインダー、エマージェンシーストップシグナルを装備するなど、安全装備を強化。また、フロント2ツイーター&リヤ2スピーカーも用意。

スズキSX4 S-CROSSの価格は、2WDが2,140,560円、4WDが2,356,560円。なお、エンジンは1.6Lの直列4気筒で6ATが組み合わされます。

(塚田勝弘)

『スズキ』の最新記事

スズキのニューモデルに無料で試乗できるイベント「スズキ ファンRIDE フェスタ」 が今年も開催決定!
スズキ「キャリイ」のグローバルモデルがフルモデルチェンジ。1.5Lエンジンで現地価格は105万円から
2016年以来の優勝を遂げたスズキMotoGPマシンと同じニューカラーを採用【スズキ GSX-R1000 ABS 】
【スズキ・スペーシアギア試乗】ターボをアシストするマイルドハイブリッドのスムーズな走り
【スズキ・スペーシアギア試乗】SUVテイストを加えた高いデザインとプランニング力が光る新型ハイトワゴン

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事