【新車】スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーチェンジ。安全装備を標準化

●衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールを標準化

全長4300×全幅1785×全高1595mmというスリーサイズをもつコンパクトSUVのスズキ・SX4 S-CROSS(Sクロス)は、ハンガリーのマジャールスズキで生産され、日本に逆輸入されています。

 

2019年4月10日、同SUVが一部改良を受けました。安全装備の充実化が柱で、ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポートⅡ」のほか、フロントシートSRSサイドエアバッグやSRSカーテンエアバッグ、アダプティブクルーズコントロール(約40km/hから作動)などが新たに標準装備されています。

ほかにも、助手席シートベルトリマインダー、エマージェンシーストップシグナルを装備するなど、安全装備を強化。また、フロント2ツイーター&リヤ2スピーカーも用意。

スズキSX4 S-CROSSの価格は、2WDが2,140,560円、4WDが2,356,560円。なお、エンジンは1.6Lの直列4気筒で6ATが組み合わされます。

(塚田勝弘)

『スズキ』の最新記事
スズキ・スイフトがマイナーチェンジ。ヤリス、フィットなどのライバルに対抗
先代よりも進化した、新型ハスラーの車内と荷室の広さ、使い勝手【スズキ・ハスラー試乗記】
1997カプチーノ01
もう中古車相場が下がることはない!? 孤高の軽スポーツ・カプチーノを狙うなら今! 【中古スポーツカー・バイヤーズガイド】
日産セレナのOEM、3列8人乗りのスズキ・ランディが、先進安全装備の充実化と内外装をリフレッシュ! プロパイロットは?【新車】
爆音に「闇カンファレンス」。カオスすぎて日本人としては驚きの連続【デリーモーターショー2020取材記・後編】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事