【新車】スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーチェンジ。安全装備を標準化

●衝突被害軽減ブレーキやアダプティブクルーズコントロールを標準化

全長4300×全幅1785×全高1595mmというスリーサイズをもつコンパクトSUVのスズキ・SX4 S-CROSS(Sクロス)は、ハンガリーのマジャールスズキで生産され、日本に逆輸入されています。

 

2019年4月10日、同SUVが一部改良を受けました。安全装備の充実化が柱で、ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポートⅡ」のほか、フロントシートSRSサイドエアバッグやSRSカーテンエアバッグ、アダプティブクルーズコントロール(約40km/hから作動)などが新たに標準装備されています。

ほかにも、助手席シートベルトリマインダー、エマージェンシーストップシグナルを装備するなど、安全装備を強化。また、フロント2ツイーター&リヤ2スピーカーも用意。

スズキSX4 S-CROSSの価格は、2WDが2,140,560円、4WDが2,356,560円。なお、エンジンは1.6Lの直列4気筒で6ATが組み合わされます。

(塚田勝弘)

『スズキ』の最新記事

【新車】スズキ・ソリオに夜間の歩行者も検知する安全装備を用意した「GX2」と「GX4」を設定
【新車】スズキ・イグニスに、お買い得感の高い価格設定が魅力の「HYBRID MGリミテッド」が設定
【新車】スズキ・クロスビーに「スターシルバー」のアクセントカラーを採用した特別仕様車が登場
スズキが「アルト」をパキスタンで販売開始。日本仕様と同じボディサイズで、660ccエンジンを搭載
【新車】スズキ・エブリイ/エブリイワゴンに衝突被害軽減ブレーキ、後退時の衝突被害軽減ブレーキなどを設定
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事