世界で最も速くスリリングな4ドア。「ラピードAMR」市販型、ニュルブルクリンクで高速テスト

アストンマーティンの新ブランド「AMR」にラインアップされる「ラピードAMR」市販型プロトタイプを、ニュルブルクリンクでカメラが捉えました。

捉えた開発車両は、スプリッターを備える新しいフロントバンパー、ワイドなサイドシル、リアディフューザー、21インチホイールのほか、リアにはエアロフリップ・スポイラーを装備するアグレッシブなエクステリアが確認できます。このプロトタイプにはデュアルエキゾーストパイプが装着されていますがフェイクの可能性があり、発売時には4本出しに変更されるかもしれません。

室内はカーボンファイバーを多用し、シートとステアリングホイールにはアルカンターラを使用。ライムグリーンをアクセントにした「息を呑むほど」の高級感を持つとレポートされています。

注目はそのスペックです。6リットルV型12気筒エンジンを搭載し、最高出力は「ラピードS」の560psを上回る600psを発揮。最高速度は337km/hに達し、世界で最も速くスリリングな4ドアと伝えられています。

「AMR」は、レースシーンからフィードバックされたダイナミズムとパフォーマンスを引き上げ、新たな頂点を目指すエキサイティングなブランドです。アストンマーティンは、今後「ヴァルキリー」を含むすべてのモデルにAMRバージョンの設定を計画しているといい、この「AMRラピード」は、限定210台で2019年以降の発売が予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

これが最新ランボルギーニの走り。復活のイオタ、ニュルを疾走!
初の直6搭載で今秋登場か? メルセデス・ベンツ GLE次期型、最終デザインを目撃
セダン初のPHVは最大50kmの電気走行!ベントレー・フライングスパー新型、ニュルで高速テスト
アウディ・R8に噂のV6モデルか!? いよいよファイナルモデルの可能性
メルセデス・ベンツの7人乗り新型SUVは「ベイビーGクラス」!?

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事