世界で最も速くスリリングな4ドア。「ラピードAMR」市販型、ニュルブルクリンクで高速テスト

アストンマーティンの新ブランド「AMR」にラインアップされる「ラピードAMR」市販型プロトタイプを、ニュルブルクリンクでカメラが捉えました。

捉えた開発車両は、スプリッターを備える新しいフロントバンパー、ワイドなサイドシル、リアディフューザー、21インチホイールのほか、リアにはエアロフリップ・スポイラーを装備するアグレッシブなエクステリアが確認できます。このプロトタイプにはデュアルエキゾーストパイプが装着されていますがフェイクの可能性があり、発売時には4本出しに変更されるかもしれません。

室内はカーボンファイバーを多用し、シートとステアリングホイールにはアルカンターラを使用。ライムグリーンをアクセントにした「息を呑むほど」の高級感を持つとレポートされています。

注目はそのスペックです。6リットルV型12気筒エンジンを搭載し、最高出力は「ラピードS」の560psを上回る600psを発揮。最高速度は337km/hに達し、世界で最も速くスリリングな4ドアと伝えられています。

「AMR」は、レースシーンからフィードバックされたダイナミズムとパフォーマンスを引き上げ、新たな頂点を目指すエキサイティングなブランドです。アストンマーティンは、今後「ヴァルキリー」を含むすべてのモデルにAMRバージョンの設定を計画しているといい、この「AMRラピード」は、限定210台で2019年以降の発売が予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

登場は2020年! プジョー最小の新型クロスオーバーSUV「1008」の開発車両をキャッチ
アウディの新型クーペSUV「Q4」プロトタイプをキャッチ。寝かされたDピラーが特徴的
アルピーヌ・A110に最強モデルが設定。噂の日産版はどうなる!?
フォード・モンデオ エステート改良型、ハイテクコックピットを激写!
価格も出力も超弩級!? ブカッティが超ハイパーカーを計画中

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事