最高速仕様のRE雨宮シャンテが速すぎてヤバい! その2【OPTION 1982年6月号より】

その1で「ゼロヨン仕様・RE雨宮シャンテRE」1号車をご紹介しました。見た目のインパクトやRE雨宮流の製作アイデアは、もう笑っちゃうくらいのド迫力でしたよね。さすがチューニング史のトップに君臨する名車です。今回の「最高速仕様・雨宮シャンテREターボ」も、軽の中でもよりコンパクトなシャンテでこの記録……やっぱりこのシャンテは偉大なチューンドマシンです。では、ドーゾ!

・・・・・・・・・・・・・・

最高速229.30km/h、まさに日本版ルノー5ターボだ

シャンテ・ロータリー・ターボ by RE雨宮自動車
最高速:229.30km/h / ゼロヨン:13.52秒

この超モディファイミニが、RE雨宮のシャンテ・ロータリーだ。すでにゼロヨン専用マシンとして12.54秒の記録を保持しているが、このマシンは第2号車である。外観からも分かるように、ストリートや最高速トライアルに使えるというから凄い。日本の改造車マシンブームもアメリカ並みになった観がある。

第1号車と違うのは、まずエンジンだ。12Aロータリーのサイドポートチューンなのは同じだが、こちらはKKK製のターボユニットが装着されている。ブーストは0.7kg/cm2にセッティングされていることから、220ps以上は確実。パワフルミニの最高峰に位置する。

その加速力は驚異的だ。1速、2速……と9000rpmまで一気に吹き上がる。約700kgの軽量ボディと相まり、ゼロヨンは13.52秒をたたき出した。1号車より遅いのは、ターボラグのためだろう。

しかし、ターボの実力は最高速で冴える。バンクを4速7500rpmで駆け降り、直線で8000rpmまで伸びた。229.30km/hだ。ウェーバーキャブのセッティングがベストなら「8500rpmは回るはず」というから恐ろしい。

さらに驚いたのは、高速安定性の良さである。シャンテRE2号車は、フロントストラットにRX-7用を使用。これはストロークを伸ばすためだが、ストラット支持部を溶接して作っており、高速走行で安定性は立証された。これはRX-7とシャンテのストラット下部が同じなので、ジオメトリー変化がないためだ。もしサスの型式を完全にモディファイする場合は難しいだろう。

このシャンテRE2号車なら、サーキット走行も可能と思えるほどの仕上がりと見た。

それにしても楽しいマシンだ。ボディの作りも素晴らしい、オーバーフェンダーは綺麗に叩き出され、サイドやリヤのウインドウガラスはアクリルに換えられているが、ウェザーストリップも装着されているほど。

軽自動車とは思えない力強さと改造美に満ちている。まさに、日本版ルノー5ターボだ。

・・・・・・・・・・・・・・

このサイズで約230km/h!! 体感的にはオーバー300km/hなのではないでしょうか。しかもコレ、1982年のハナシですよ! やっぱり雨さん&シャンテREは、チューニング界の超レジェンドです!!

[OPTION 1982年6月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの)

『Play Back The OPTION』の最新記事

実は突貫仕様だった!? OPT300ZX耐久レース仕様を詳しく見てみると……その8【OPTION 1985年7月号より】
OPT300ZX耐久レース仕様の「遅さの秘密」を探ってみた・その7【OPTION 1985年7月号より】
祝・OPT300ZX耐久レース初参戦!! さて、その結果は?・その6【OPTION 1985年7月号より】
敵地視察!? OPT300ZXと一緒に「走らせられる」レーサーたちの声とは?・その5【OPTION 1985年6月号より】
レース仕様決定! NISMOもパートナーになった! OPT300ZX耐久レース参戦記・その4【OPTION 1985年5月号より】

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事